地井武男さん(70歳)逝く、地元・千葉でも涙の別れ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

地井武男さん(70歳)逝く、地元・千葉でも涙の別れ

先週金曜、俳優地井武男さん死去(享年70歳)

 

千葉県匝瑳市(そうさし)地井さんの地元では
記帳所が設けられた

 

「ただ残念で悲しいですね」
「去年の写真を取ってもらった。ありがとうと言いたい」

 

北の国からで名脇役を務めた。

 

今年一月心臓疾患と診断される

 

今年2月からレギュラー番組の出演を見合わせ治療に専念していた

 

詳細は続きから

 

地井武男さんの役者歴

 

1963年俳優養成所に入る
1968年映画デビュー

 

幅広い役柄を演じてきた
北の国からでは21年間黒板五郎(田中邦衛)の親友、中畑和夫を演じた

 

 

 

 

 

北の国から共演者から悲しみの声

 

吉岡秀隆
「氷点下の富良野でまだ幼かった私の手を暖めてくれた時の笑顔と優しさが忘れられません」

 

中嶋朋子
「あまりに突然で本当にどうしていいかわかりません
 今はただどんなときにも明るく軽やかだった
 地井さんの存在の大きさを感じるばかりです」

 

杉田成道(北の国からの演出)
「突然のことでショックを受けています。兄貴をなくしたようで
 ぽっかり穴があいたような感じです
 様々な場面が思い出されてなりません」

 

田中邦衛
「何も言うべき言葉が思いつきません
 遺言のシーンが思い出されて・・・
 もう一度会いたい」

 

 

田中邦衛さんが思い出した地井さんの名シーンとは

 

北の国から2002遺言、前編

 

地井さんの妻ががんで余命宣告されたシーン

 

このシーンの撮影2か月前、妻佐和子さんが乳ガンで亡くなっていた。

 

ドキュメンタリー「北の国から」

 

地井さんには「女房のガンが再発した」というセリフがあった。
撮影でスタート前に妻、佐和子さんを思い出してしまい、泣いてしまう地井さん。

 

途中から無く設定のシーンだったが、
「途中から泣くのは無理だ」と耐えながら撮影は続いた。

 

このシーンは
仲世古芳雄(なかせこよしお)さんの妻が無くなった実話がベースとなっていた。

 

仲世古さん
「地井さんは撮影が終わってから誰とも話をしないで
 旭川空港に車に乗って帰りました
 忙しい方なのによく絵手紙を送ってくれたり、気遣いのある方でした」

 

 

 

再婚の約束

2004年12歳年下の女性と再婚

 

前の奥さんからもしも私が先になくなったら次は若い人と再婚してと言われていたそう。

 

最後は奥さんと子供に見守られて息を引き取った。

 

 

 

 

共演者からの悲しみの声

 

水谷豊(59歳)
「40年間お付き合いをさせていただきました
 尊敬し、信頼する兄貴でした。
 あまりにも早すぎて、気持ちも言葉も追い付きません
 寂しいです。」

 

 

 

萬田久子(54歳)
「地井さんの思いやりある言葉、
 そしてあの優しい笑顔に
 私自身何度も勇気づけられました。
 去年、奥さんと共に励ましのお手紙を直筆で頂き
 その地井さんならではの心づかいが大変にありがたかったです。」

 

 

 

前田吟(68歳)
「50年間同じ夢を追って頑張ってきた
よきライバルであり、友人でもあります
地井武男の元気な優しいおじいちゃん役が見られるのはこれからだったのに
とにかく残念です」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想