ロンドンオリンピック日本体操男子団体、審議で逆転銀メダル!なぜ4位が2位になったのか解説



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ロンドンオリンピック日本体操男子団体、審議で逆転銀メダル!なぜ4位が2位になったのか解説

予選ではまさかの5位

 

そしてチームと立て直して挑んだ決勝。

 

数々のドラマがあった

 

最大のライバル連覇を狙う中国

 

詳細は続きから

1種目目つり輪

 

内村航平(うちむらこうへい)選手23歳

 

自らトップバッターを名乗り出た内村選手

 

大技、着地をしっかり決め抜群の安定感を見せる

 

 

二人目、田中佑典(たなかゆうすけ)選手22歳も好演技

 

三人目、山室光史(やまむろこうじ)選手23歳
吊り輪を得意とする山室選手
今回調子に乗りきれない内村選手に勢いをつける演技をとひとりきをはいていた。

 

そして
F難度の技を決め高得点をたたき出す

 

1種目目を終えて日本第3位
金メダルに向けて順調な滑り出し

 

しかしこの後アクシデントが。

 

 

2種目目跳馬

 

内村選手が安定した演技を見せ

 

続く期待の新星、加藤凌平(かとうりょうへい)選手18歳
チーム最年少、国際大会初出場
高得点をマーク

 

そしてアクシデント!
山室選手がミス、左足を痛め残りの試合に出れなくなってしまう緊急事態

 

ここから立て直すことができるのか?

 

 

3種目目平行棒

 

山室選手の穴をカバーしたのが
田中佑典選手が見事に決めた

 

 

 

4種目目鉄棒

 

ここでも田中佑典選手の活躍が目立った
ミスのない演技でが高得点を記録

 

 

5種目目床

 

加藤選手が田中選手に負けじとニッポンのピンチを救う

 

 

最終種目あん馬

 

山室選手に代わって登場した田中和仁(たなかかずひと)選手だったが
痛恨のミス

 

再び予選の悪夢がよぎる

 

最後、内村選手
フィニッシュでバランスを崩しながらもなんとか演技をやりきる。
しかし、フィニッシュのおり技が認められず4位に。

 

日本選手団が猛抗議

 

10分にわたって審議が行われ

 

判定が覆り2位!銀メダルを獲得

 

 

内村航平選手のコメント

 

「最初4位だったので、4位から2位に変わって
 メダル獲得できたんですけど、正直4位でも2位でも
 順位は上がったけど、そこまで嬉しいって気持ちじゃなかったですね

 

 目指してきたものと違うものが首にかかっているので
 それもありますけど
 でも5人で楽しく試合できたことは
 すごく幸せだなという風に感じました」

 

 

 

スタジオで疑問を徹底解説!

 

ゲスト:塚原直也
    アテネオリンピック体操団体の金メダリスト
    オリンピックに3度出場、体操のスペシャリスト

 

 

Q現地と使ってる器具が違ったりするんですか?

 

塚原「今回使ったのは跳ね方がほんとに違うので」

 

設楽「でもだいぶ前からこれを使いますよっていうのは知ってるのでは?」

 

塚原「そうですね、なので2,3か月はそれで練習するんですが
   長年日本の器具で練習してるんで」

 

設楽「しみついてるんだ」

 

 

 

設楽「あん馬って難しいのはわかるけど
   素人が見て、一番難しさが分かりにくい
   降りるときにあのミスはどうして起きるの?」

 

 

塚原「日本の器具でも起きることだが
   おそらく、今回の器具になれていなくて
   最初の方で力を使ってしまって最後の方に力が残っていなかったのでは」

 

 

あん馬スタジオに登場

 

リンゴ「はじめて触りました」

 

小藪「触り方が家具屋のおばちゃん」

 

設楽さんやってみる
揺れてみる。

 

設楽「いやいやいや、むりですよ」

 

塚原「十分できてましたけどね」

 

塚原さんが見本

 

リンゴ「時計の振り子みたい」

 

(笑)

 

設楽「なんでこんなところで揺れて競っているのかと。これ言っちゃダメなんでしょうけど」

 

小藪「それ言ったら、なんでゴールにボール入れるんだって」

 

(笑)

 

設楽「スポーツってそういうものですよね、すごいですね」

 

 

なぜ、判定見直しで4位が2位になったのか?

 

Q着地の失敗ってよくあるんですか?

 

塚原「そんなにないですけど、最後の技が認定されるかされないかっていうのはよくあることで
   認定されないと極端に点数が下がってしまう」

 

佐野アナ「今回の場合は最初は認定されていなかったってことですね」

 

 

Q日本人はあん馬は得意なんですか?

 

塚原「やっぱり長身の選手が得意なので日本人の体形は得意な選手は少ないです」

 

 

 

 

若手イケメンの体操選手

加藤凌平選手(18歳)

 

田中佑典選手(22歳)

 

設楽「18歳で床でも素晴らしい演技してましたね」

 

塚原「そうですね、普通なら考えられない、なんであそこまで落ち着けるのか、ちょっとびっくりしました
   田中選手も決勝の演技は落ち着いてるのがわかる演技をしていたので今後が楽しみ」

 

 

 

体操男子、今後の予定

 

日本時間
8月2日(木曜日)個人総合:内村航平選手、山室光史選手
8月5日(日曜日)ゆか:内村航平選手、(補欠、加藤凌平選手)
8月6日(月曜日)つり輪:(補欠、田中和仁選手)
8月7日(火曜日)平行棒:田中佑典選手、田中和仁選手

 

 

設楽「内村選手金メダルイケそうですか?」

 

塚原「団体の演技を見ていてもだんだん落ち着いてきているので
   このままいけば楽勝で金を取るんじゃないかと」

 

設楽「楽勝で!全部にまんべんなく強いですもんね」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想