七月大歌舞伎、市川猿翁、海老蔵、奇跡の共演「楼門五三桐」



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

七月大歌舞伎、市川猿翁、海老蔵、奇跡の共演「楼門五三桐」

昨日7月4日に始まった7月大歌舞伎

 

注目は何と言っても市川猿翁の8年ぶりの舞台復帰

 

スーパー歌舞伎など斬新な歌舞伎で歌舞伎界の風雲児とも呼ばれた猿翁

 

猿翁は
2003年脳梗塞で倒れ、療養中は表舞台から遠ざかっていた

 

そんな猿翁の8年ぶりの舞台は満場の拍手で迎えられた

 

7月大歌舞伎「楼門五三桐」

 

そして、その相手役を務めたのは市川海老蔵

 

実はこの二人の共演は初、しかも奇跡の共演だと言われている

 

詳細は続きから

 

なぜなら、海老蔵の家柄は
市川團十郎率いる、市川宗家の成田屋
一方
猿翁率いる澤瀉屋は宗家の弟子筋にあたる家柄

 

なので
今回は宗家の市川海老蔵が弟子筋に当たる猿翁の舞台に出演するというもの
これは歌舞伎界では異例中の異例の出演である

 

奇跡の共演には隠れたエピソードがあった
先月の6月大歌舞伎で歌舞伎デビューを果たし今回の舞台にも立っている
香川照之こと市川中車の存在
海老蔵と中車は2006年映画で共演
その時、歌舞伎界への思いを心の奥底にしまっていた中車
その思いをくんだ海老蔵の計らいで映画の試写会を歌舞伎座で行っていた
歌舞伎の舞台に立てたことに万感の思いに中車は号泣したという

 

中車の歌舞伎デビューを誰よりも喜んでいたのは海老蔵だったという
この二人の友情も今回の奇跡の共演が実現した理由のひとつだという

 

そんな海老蔵が今回演じるのは
天下の大盗賊市川海老蔵

 

楼門五三桐
南禅寺山門上で桜の絶景を眺めていた
五右衛門の元に血染めの遺書をくわえた白鷹が舞い降りる

 

そして
その遺書により自らの父を殺した人物を知った五右衛門
そこへ父の仇 真柴久吉が現れる

 

猿翁と海老蔵の奇跡の共演は今後もう見られないかもしれない

 

 

ゲスト:喜熨斗 勝(きのし まさる)

 

昨日の舞台では歌舞伎では珍しいカーテンコールが行われた
そこでは猿翁の粋な計らいが
なんと、演目中猿翁を支えていた黒子の正体は市川中車さんだった
そのことを知らせるためにも異例のカーテンコールを行いました

 

喜熨斗「まぁこんなことはまずないことですね、
    黒子なのにあんなに目立ってしまってね(笑)」

 

喜熨斗「中車くんが黒子を務めるのも、最初で最後でしょうし」

 

設楽「だから、カーテンコールであんな計らいをね」

 

喜熨斗さんが教える7月大歌舞伎の見どころ

・豪華出演者

 

・サプライズ口上
市川團十郎さんと、市川海老蔵さん、市川猿之助さん、市川中車さん、市川團子さんで口上を行い

 

市川海老蔵さんは團子さんについて
肝の据わったお子さんだと感心した次第にございます
そんなお子様がこの歌舞伎の世界に入ってきたということは
歌舞伎を愛する一門にとってこんなにうれしいことはりません

 

・海老蔵の新当たり役

 

喜熨斗「まさにこの役は海老蔵さんの当たり役です
    大当たりです、舞台に登場しただけでも空気が変わるぐらい」

 

 

設楽「喜熨斗さんが大興奮しているから
   僕は、歌舞伎あまり詳しくないけど、喜熨斗さんを見ていたら
   すごいことなんだなと伝わりました」

 

七月大歌舞伎
29日が千秋楽です

スポンサードリンク

ノンストップ!感想