イケメン頂上決戦100m背泳ぎ入江陵介VSカミーユ・ラクール



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

イケメン頂上決戦100m背泳ぎ入江陵介VSカミーユ・ラクール

ノンストップが追いかけるイケメン対決
ゴールまでタッチの差でした

 

日本協栄税にメダルラッシュがやってきた

 

競泳男子100m背泳ぎ決勝

 

ノンストップでは
この競泳男子100m背泳ぎ決勝を
イケメン頂上決戦と名付けた

 

詳細は続きから

登場したのは
日本のイケメン競泳選手
入江陵介選手(22)

 

入場後の表情には緊張の色がうかがわれる

 

入江選手には秘めた思いがあった・・・

 

山崎アナ「映像が乱れてスイマセンでした」

 

小藪「男から見ても男前って思うってことは、
   女子から見たら相当男前なんでしょ?」

 

リンゴ「男前もキリッとしてますよね
    帽子かぶって男前ってそんなにいないですよ」

 

設楽「あれね、ゴムでキュってなりますからね」

 

山崎アナ「失礼しました、先ほどのVTRの続きをご覧ください」

 

入江選手
メダルを取るために頑張ってきましたし
北島康介さんの分までメダルを獲りたいと思います

 

イケメンの胸に刻まれた熱い絆
100m平泳ぎで涙を流した北島選手の想いを背負い金メダルを狙う
入江選手に立ちふさがるのは

 

ノンストップ認定胸キュンメダリスト カミーユ・ラクール選手(27)
入場するだけなのに妖艶

 

リンゴ「男前やん」

 

200pを超える身長、鍛えられたワイルドなボディーたまらなくセクシー

 

リンゴ「むっちゃ男前やん」

 

去年の世界水泳選手権では
入江選手を抑えてカミーユ選手が背泳ぎ100mで優勝を果たしている

 

運命のいたずらか入江選手とカミーユ選手が隣のレーンで争うことに

 

50mのターンではカミーユ選手が1位入江選手は6位で折り返した
しかし、入江選手が驚異の追い上げを見せ

 

結果は
1位:マシュー・グレイバーズ(アメリカ)
2位:ニック・マートン(アメリカ)
3位:入江陵介(日本)
4位:カミーユ・ラクール(オーストリア)

 

となり
入江選手銅メダルを獲得し水中のシャネリストカミーユ・ラクール選手を
タッチの差で上回り頂上決戦を制した

 

背泳ぎは日本は強いんだというところを示したかった
オリンピックで勝てたということはすごい大きい
200m団体メドレーに向けて頑張りたい

 

2度目のオリンピック出場で初のメダル獲得となった入江選手
はじけるその笑顔はやっぱりイケメン

 

リンゴ「入江さんの泳ぎってめっちゃ綺麗なんですってね
    おでこにペットボトルを乗せても泳げるんですって」

 

スタジオ「へぇ〜」

 

設楽「軸がぶれないんだ、すごい情報ありがとうございます」

 

リンゴ「大阪から持ってきました」

 

スタジオ(笑)

 

小藪「大阪で朝の情報番組、シャレにならんぐらいやってますから」

 

設楽「イケメン対決で背泳ぎだからずっと顔も出てますからね」

 

リンゴ「イケメンですね、この情報大阪に持って帰ります」

 

入江選手は明日の深夜、得意の200m背泳ぎの決勝が待っています
こちらもメダル頑張ってほしいですね

スポンサードリンク

ノンストップ!感想