上野動物園のパンダ、シンシンが赤ちゃんパンダを出産しました



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

上野動物園のパンダ、シンシンが赤ちゃんパンダを出産しました

昨日、7月5日午後0時27分シンシンが赤ちゃんパンダを出産

 

上野動物園のパンダ、シンシン(メス・6歳)の出産の映像が公開されました

 

上野動物園では24年ぶり、自然繁殖による出産は初となる

 

詳細は続きから

出産はとても短時間で安産だったので
母子ともに健康で現在赤ちゃんパンダの性別は分かっていない

 

リーリーとシンシンは今年の3月に繁殖行動を確認され
昨日出産に至った

 

しかし、
パンダの赤ちゃんを育てるのにはお金がかなりかかるという

 

パンダ1頭にかかるお金は
中国へのレンタル料 約8000万円
年間の食費 約400万円
保育器や新しい檻の設置など負担も抱えることになる

 

 

金子 哲雄さん曰く
上野動物園の入園者数も100万人は増加すると思われるので
約80億円は経済効果が期待できる

 

歴史的なパンダの出産に地元は早くも空前のパンダブーム

 

パンダパン
パンダまん
パンダビール

 

など、パンダの赤ちゃんにちなんだ商品開発も進んでいる

 

しかし、
赤ちゃんパンダのお披露目には最低でも半年の時間がかかるようです

スポンサードリンク

ノンストップ!感想