高嶋政伸&美元(みおん)の離婚裁判きょう法廷で直接対決へ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

高嶋政伸&美元(みおん)の離婚裁判きょう法廷で直接対決へ

美元(みおん)「私自身は今も修復を望んでいます」

 

離婚したくない妻美元(32歳)

 

離婚という決断をした高嶋政伸(45歳)

 

高嶋「みぞの回復は不可能であるとの判断」

 

2008年9月結婚

 

交際半年のスピード婚

 

あれから3年9ヶ月で

 

今日午後2時東京家裁で離婚裁判
本人尋問で約2年ぶりに対面か?

 

 

はたしてどんな事実が明かされるのか?

 

詳細は続きから

去年7月離婚裁判が判明

 

夫の高嶋さんのFAXで

 

「2011年2月2日をもって
私は裁判へと入る決意をいたしました

 

おもにお互いの性格の不一致
考え方(生活観・仕事観)の相違にあったと考えております」

 

2010年8月には別居していたという。

 

 

 

今年2月美元さん裁判中のインタビューで

 

「決別の時があったというわけではなく
 正直わからない部分が沢山あって
 私自身は今も復縁を望んでいます」

 

 

 

注目を浴びるきっかけは
美元さん側が提出した録音データ


録音データには
高嶋から家庭内暴力を受けたことが明白となる2人のやり取りが録音されているという

 

 

録音データを提出しながらも

 

美元「生活感の違いなどは夫婦でいれば自然なことだと思っているんですね
   別居の時も本当に別れを惜しんで
   2人で写真を撮ったぐらいだったので
   本当に不思議なんですよね」

 

美元さんは修復できない亀裂はなかったと主張。

 

 

 

一方高嶋さんは
「その開きは予想以上に大きなものであり
 相当な努力はしたのですが
 その溝の回復は不可能であるとの判断を下さざるを得なくなりました。」

 

 

と食い違う主張。

 

 

一部報道では美元さんの「金遣いの荒さ」が話題に

 

高嶋さんの給料でブランド品を買いあさっていると報道される。

 

美元「私がこれまでに買った洋服ですとか
   そういうものは自分の収入の範囲でまかなっています
   でもブランド品を買いあさるようなことはしないですし
   夫からも指摘されたこともない」

 


高島政伸の母、寿美花代さんとの不仲説

 

美元「夫の家族のことも本当に好きだし大切に思っている」

 


何が真実なのか?

 

録音データと思われる内容がyoutubeにアップされるなど
世間を騒がせている。

 

 

法廷で何を語るのか?

 

 

 

設楽「聞けば聞くほどハテナがでてくる
   別れを惜しんで写真を撮るってそんなことがあり得るのか?」

 

 

これまでの経緯

 

2008年9月結婚

 

2010年8月別居
       →高嶋いわく「性格の不一致」「考え方の相違」

 

2011年2月離婚調停が決裂→裁判に

 

今日、午後2時から本人尋問
   →別居後初めての直接対決か?

 

 

裁判の争点

「離婚が成立するのか」

 

具体的な内容が離されるのでは?

 

 

 

設楽「あれ録音テープは普通別れたい人側の証拠ですよね?」

 

美元さんの音声テープの提出の理由は?

 

堀井亜生弁護士(フラクタル法律事務所)

 

「夫による家庭内暴力の証拠を突きつけ
 夫の主張を不利にさせるためではないか」

 

設楽「もし奥さん側が勝ったら離婚しちゃダメになるんですか?」

 

アナ「裁判が続いて控訴が続いていく可能性がある」

 

設楽「こんな場合って修復できないんじゃないですか?」

 

 

おさむ「別れたくないって言ってた方が慰謝料が上がるとか言うわけじゃなくて?」

 

設楽「考えちゃいますよねそういうのも」

 

アナ「今のところ、慰謝料の請求はないそうです」

 

 

 

離婚したくない妻〜その理由は?〜

 

@妻側のプライドが高い
→フラれるのがイヤ!納得がいかない

 

A金銭面の狙い
→離婚の慰謝料<夫の財産や親の遺産

 

 

おさむ「昔から彼女(美元)知ってるんですけどね
    いい子ではあるんですけどね
    でもちょっと不思議ちゃんですね」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想