チカちゃんが行く何でも揃うダイシン百貨店|ノンストップフジテレビ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

絶好調のダイシン百貨店7年連続黒字のワケをチカちゃんがリポート

百貨店の売上高が15年連続で減少している中
東京、大森に絶好調の大人気百貨店がある

 

地元では圧倒的な人気を集め
さらには地方から訪れるお客さんまである
駅から歩いて12分の位置にある
ダイシン百貨店

 

周辺には大手のスーパーが10店舗以上ある激戦区でありながら
年商66億円
7年連続黒字を達成し
年間約400万人が来店している

 

 

お客さんが口をそろえていう
何でも揃うダイシンの魅力とは?

 

詳細は続きから

今回も、熟年主婦リポーター
チカちゃん(76)が突撃リポート

 

漬物コーナーに並ぶ漬物の種類は250種類
さらに味噌コーナーには味噌180種類以上
豆腐は80種類
梅干し50種類
ととにかく種類が多い

 

 

上のフロアに向かうとそこにはダイシンの真骨頂ともいえる商品が

 

まずチカちゃんが見つけたのは

ラットハウス

旧式タイプのネズミ捕り

洗える虫よけ食卓カバー
ちゃぶ台の上に虫よけとして使用していたなつかしい商品

他にも大正時代からの超ロングセラー
柳谷 ポマード

 

マネージャーの安藤順造さんに案内されて紹介された商品は

テレビが白黒の時コマーシャルソングが流行った
ミツワ石鹸

レモンソープ

洗濯板

2層式洗濯機

ポータブルラジオ
ICF-801

ラジカセ
Panasonic RX-FS22A

 

チカちゃん「どうしてこんなにレトロな商品を集めているの?」

 

安藤「特にレトロは意識していないが
   お客様が望む商品を置くのがダイシン百貨店のもっとうなので」

 

チカちゃん「こういうの集めるの大変でしょう?」

 

安藤「そうですね
   廃番になってしまった商品とか
   問屋さんがなくなってしまったりして大変ですね」

 

安藤「こういう商品に思い入れを持っているお客様がきてくれる限り
   この商品は外せません」

 

お客様の欲しいものは何でも揃えるのがダイシンのもっとう
特に高齢者のニーズにこたえて、
売れ行きの悪い商品もしっかりそろえることで
買いたいものが買えないお客さんを無くすことがダイシンの目指す道

 

豊富なラインナップの一階の食品売り場をはじめ
お客さんのニーズにこたえ続けた結果
店内の商品数は18万点以上
これは通常デパートの4倍以上

 

そんなダイシンで去年一番売れなかった商品とは?


汲み取り式和式トイレカバー

 

去年は1個ですね
たぶんほかのお店で売っていない商品ですね
それでもうちではニーズがある限り置いていきます

 

絨毯コーナーには高級志向なお客様のために
280万円もの高級絨毯も
しかも、現在50%オフの140万円で販売中

 

実はダイシン百貨店に訪れるお客さんの半数は60歳以上

 

なので、上を向くのが苦手な年配の方のために
なつかしい商品などはなるべく下の方に置くようにしている

 

目線の高さをゴールデンラインと呼びますが
下のラインをシルバーラインと呼んでいます

 

DVDのしたのシルバーラインにはVHFなども並べられている

 

婦人服売り場のこだわりは?

 

婦人服担当
海老原 美恵子さん

 

同じ色はMサイズとLサイズの2つしかなく
同じ色、柄のものは2点置いていることはない
お客さんはご近所の方が多いので同じ服を着ないように配慮している

 


チカちゃん社長さんに感激を報告

 

代表取締役
西山 敷さん

 

お客様に私達は作っていただいているので
物を置くことも含めて
接客ではなくコミュニケーションですよね

 

 

最後は最上階にある足湯で今日一日を振り返る

 

昔の商店街のような味のあるところ
しみじみとしたものを感じて感動してしまって涙ぐむチカちゃん

 

じつはチカちゃん今回昔懐かしい歯磨き粉を見て
子供もの頃の思い出を重ねてしまった

 

Tobacco

 

チカちゃん「私と弟がお菓子の代わりにこれをなめていたんですよ」

 

人々の想いに応え続けるダイシン百貨店

 

設楽「チカちゃんの最後の涙にはびっくりしましたね
   どういうテンションで見ていいのかわからなかった」

 

佐野アナ「あのハミガキ粉を買って帰って両親の仏壇にあげたみたいです」

 

千秋「スーパーや百貨店に行って泣くことはないから
   そういう、おじいちゃんやおばあちゃんがいっぱい居るかもしれない」

 

佐野アナ「私も家が近くなのでよく行くんですよ」

 

設楽「場所どこでしたっけ?」

 

佐野アナ「大森です
     駅前にはいっぱい店があるんですけど
     あれほど品ぞろえの多い店はないし
     仏具全般も扱っているしね」

 

スタジオに珍しいものを紹介

 

千秋「これ知らない」

井戸田「これは、ひげ剃る前に泡立てるやつですよ」

 

千秋「おばあちゃん家の臭いがする」

 

設楽「これだ」

佐野アナ「トイレの芳香ボール」

 

設楽「商品もそうだけど臭いで思い出を思い出すってね」

 

井戸田芳香ボールを持つ

 

設楽「これ持ったら一日中その匂いするよね」

 

急いでおく井戸田

 

山崎アナ「これなんですか?」

佐野アナ「豚の毛のハブラシ」

 

設楽「今も高級ハブラシとして売っていたりもしますが
   昔はよくつかわれていましたね」

 

千秋「この爆竹みたいなのはなんですか?」

設楽「えっ知りません?」

 

佐野アナ「同じ年でしょ?」

 

井戸田「なにこれ?」

 

設楽「これだしちゃっていいですか?
   これべとべとだら天井からつるしておくとハエとかが張り付くんですよ」

 

井戸田「なにこれベタベタする」

 

ベタベタと粘着部分を触る井戸田さん(よく触れるね、本当に知らないんだね・・・)

 

佐野アナ「一人用の食材も売っています」

 

山崎アナ「この太巻き1個」

 

千秋「可愛い、初めて見た」

 

設楽「高齢の人のためにね」

 

千秋「これすごい」

設楽「これチキンライスとかねやるやつ」

井戸田「こんなノリとか使ってたもんなぁ〜」

設楽「テープね」

 

佐野アナ「このテープ10分用なんです
     これがお年寄りに大人気だそうで
     なぜだかわかります?」

 

千秋「お経」

 

井戸田「カラオケとか」

 

佐野アナ「そうです、自分の声をとるのにちょうどいいからです」

 

設楽「今いろいろあるけどテープなんですね」

 

佐野アナ「ダイシン百貨店はこの夏広さが2倍になります
     結婚式場を入れたり
     屋上でポニーに乗れたりして今までにない百貨店を目指していくようです」

 

ノンストップ

スポンサードリンク

ノンストップ!感想