今本当に必要なの!?電気料金値上げの実態|フジテレビノンストップ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

今本当に必要なのか?電気料金値上げの実態を調査

 

ゲスト:荻原博子(おぎわらひろこ)
    主婦の立場・生活者の立場で社会問題に過激に提言を続ける
    経済ジャーナリスト

 

荻原「今回の値上げは説明不足。どう思います?」

 

設楽「節電しろと言われたら節電する
   値上げと言われたら従う」

 

荻原「再稼働もするし」

 

 

7月1日から家庭向け電気料金を
平均10.28%値上げを申請中。

 

詳細は続きから

値上げの理由は?

 

東京電力側「火力発電の燃料費増加が必要。」

 

 

電気料金値上げの実態、すでに値上げは始まっていた。

 

 

しかしすでに現在も電気代値上げはされていた

 

「燃料費調整制度」
 :東京電力等の電力会社が火力発電として
 石油天然ガス石炭などを輸入して
 燃料にして発電をしているのだが
 そう言った化石燃料が燃料の価格が変動した場合
 電気料金に転嫁できる党委制度

 

 

ということは、値上げが実行されれば
ダブル値上げになるのでは?

 

 

公表された家庭向け値上げ額は月に480円

 

※30A契約月間使用290kwhの標準家庭モデルの場合

 

 

30Aは普通なのか?

 

30Aは大人2人暮らしが一般的

 

4人家族などは40Aを使ってる家庭が多い。

 

 

 

東京電力の利益構造は?何でもうけが出ているのか?

 

一般家庭から91%のプラス利益を得ている
企業からは9%のプラス利益を得ている

 

利用者無視の料金値上げ

 

 


電気料金値上げの実態、「ダブル値上げを許すな」

 

 

設楽「知らないうちにっていうのが怒りがこみ上げてきますね」

 

荻原「電気明細をしっかり見ている人ならわかるかもしれないですけど
   去年より10%くらい増えてるはず」

 

 

例:四人家族世帯

 

燃料費調整という項目が

 

去年3月9日「−1560円40銭」
今年3月9日「+216円60銭」

 

 

荻原「自動的にっていうのが数年前から含まれてる。
   こちらが10%あがってまた10%電気料金を上げるなんて
   企業努力が感じられない。普通のお店だったら通らないこと」

 

 

 

【ダブル値上げにだまされるな】
・東京電力の言う燃料負担額による値上げ
 「燃料調整費」ですでに徴収

 

・今回の値上げを許したら「ダブルの値上げ」に。

 

 

 

家庭向け値上げ額は月に480円

 

※30A契約月間使用290kwhの標準家庭モデルの場合

 

 

荻原「東京電力が標準とした30Aは一般というには少ない。
   30Aなら480円で済むけれど・・・」

 

 

東京電力の回答

 

「契約別にみると30Aの世帯は42.6%と契約数が一番多いことから
 標準家庭モデルとした。」

 

40A世帯23.9%
50A世帯12.4%
60A世帯6.5%

 

 

荻原「30Aが単身人が多い場合、40A以上が家族家庭が多い、
   そうすると40A以上を合計すると42.8%になる
   家族家庭を標準とするべき。

 

   わざと価格を安くワンコイン以下に見せたいために
   30Aを標準にしているように見える」

 

 

金子「清涼飲料水をコンビニで10円上げるのに1年はかかる
   東電の値上げは急過ぎるように感じる」

 

 

荻原「企業は東京電力以外の電力会社を選べるが
   家庭用電力は選べない。そこが狙われているのでは」

 

 

 


電気料金が安くなる、東電の新プランは本当に安くなるのか?検証

 

 

ピークシフトプラン
「電気料金が割安になるプラン」

 

6月1日から開始

 

時間ごとに料金が変わり、日中留守がちの家庭にはお得らしい

 

夜間(PM11〜AM7)9.72円
昼間(AM7〜PM1とPM4〜PM11)27.08円
ピーク(PM1〜PM4)45.15円

 

 

 

しかし、日中家事をする家が多く使える家があまりない
ためしに一般的な2つのパターンで検証

 

 

 

 

例:小学生2人のお子さんがいる4人家族でピークシフトプランを検証してみた。

 

東京電力のHPでシュミレーション

 

通常月平均約5500円

 

シュミレーション結果
年間6万円台から8万円に値上がり。

 

 

 

例:オール電化家庭の場合はピークシフトプランで安くなるのか検証

 

4人家族で検証。結果、年間1万6000円値上り。

 

メリットもないので加入はしない。

 

Q電気の値上げでゲームの時間が減らされたら?

 

子供「最悪です」

 

 

 

 

 

このプランでお得になる家庭は契約の大きい世帯で全体の6.5%ほどだという。

 

 

荻原「11時から7時は寝ている時間なので、使えない。
   このために何万台も機械を準備したのに結局120台しか申し込みが来なかった。
   この機会を準備する費用も電気代に反映されているんですよ!」

 

 

 

新規契約打ち切りとなった「おトクなナイト10」プラン

 

午後10時〜午前8時
昼間30.74円
夜間9.48円

 

荻原「こっちなら8時まで使えるからちょっといいけど打ち切りになりました」

 

設楽「そういう時間帯に生活してる人にはいいけど
   一般家庭にと考えると」

 

金子「ライフプランを無視した設定になってますよね」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想