家庭内火災!衝撃!洗濯物が自然発火身近な所に危険が!



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ

話題モチキリの商品


高級メロンに文字が・・・・
話題性
インパクト
プレゼントに贈れば
記憶に残ること間違いなし
アートメロンはこちら
ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

乾燥機で洗濯物が自然発火、IHコンロからも自然発火?

家庭内火災!衝撃!洗濯物が自然発火身近な所に危険が!

 

その原因と対策を紹介します

 

詳細は続きから

洗濯物が自然発火!油汚れにご用心

 

【実験】

 

油をしみこませたタオルを洗濯機でよく洗い乾燥機へ
そのまま置いておくこと一時間、発火
乾燥機から取り出し置いておくだけでも発火。

 

【原因は油汚れ】
空気中の酸素と結び付き熱を持ち洗濯物の温度が上昇発火へ。

 

死亡事故も起きているため注意が必要。

 

 

5年間で38件起きている

 

 

【今回実験で使ったオイルは】

 

美容オイル(アロマオイルなど)
食用油
→使い古した油は発火しやすい

 

設楽「マッサージなんかでオイルを塗って、
   拭いたタオルを洗濯して乾燥機かけても発火する可能性があるんだ
   落ちないんだね」

 

風見「子供のいる家なんか洗濯物が増えるから乾燥機かけがちになるものね」

 

その他にも

 

 

【洗濯物以外で自然発火するもの】

 

油を含んだタオルを捨てる場合や、
キッチンペーパーを捨てる場合も注意が必要

 

こぼれた油を布で拭いてまとめて放置していたところ
猛暑で室温が上がり布が焦げたという事件もある。

 

 

自然発火を防ぐには?

 

・油がついた衣類、タオルは乾燥機で乾かさない
・洗った後は必ず広げて自然放置する
・油がついた布は重ねて置かない
・捨てる際は十分に水を含ませて捨てる

 

 

安全だと思っていたものでも発火!IHコンロ

 

IHコンロで鍋に少量の油を入れて加熱、6分後発火、安全装置が働かなかった。

 

 

なぜ安全装置が働かなかったのか?

 

【原因】
なべ底が平らでなく2mmへこんでいたため。

 

2mmでもへこみがあるとそこに空気の層ができIHの温度センサーが感知せず、
安全装置が働かないため高温になっても停止しない

 

また油が少ないと温度が急に上昇し、温度センサーが正確な温度を感知できず発火につながった。

 

もともとなべ底がへこんでいるものはもちろん使用不可だが、
落としたり何らかの原因でちょっとなべ底がへこんでしまったり、
ゴミなどがついてデコボコしてしまった場合でも発火する可能性がある。

 

 

ギャル曽根「2mmなんてわかんないですよね」

 

設楽「おコメ粒が焦げたり
   なんかのカスがついて浮いたり2mmなんてすぐですよね
   気をつけないと。」

 

風見「夫婦げんかに鍋使っちゃだめですね」

 

 

 

天ぷら油の火災の消火方法、水は絶対NG 

 

火を消そうと慌てて水を入れると火が飛び出る。

 

設楽「いざああいう時って、慌ててしまって、普段はわかってるんだけど。
   僕、前に火事を出してしまったことがあって」

 

佐野アナ「衝撃の告白ですね」

 

設楽「ちょっと前なんですけど、僕は煙草の火が原因だったんですけど
   消したつもりの灰を灰皿からゴミ箱に捨てたら燃えちゃって
   火が出たら、パニクっちゃうんですよ
   火から離れて携帯から消防にかけてるんですけど
   携帯だと思ってたのが、子機だったから距離が離れててかからなくて
   消火器もあるの知ってるのに「ああああ」ってなってるから」

 

山崎アナ「いざって時使い方がわからないとかありますよね」

 

設楽「こういう時は、こう。っていうのを決めておいた方がいい」

 

【てんぷら油火災の消火方法】

 

・離れた位置から油面を覆うように消火器を使用する
 (火に向かうのではなく、油の面にかける)

 

・消火後、何度も発火する可能性があるので
 鍋に蓋をしてIHの場合は電源を切り
 ガスの場合は元栓を閉める

 

 

重要なこと

 

・調理中はコンロのそばから離れない

スポンサードリンク

ノンストップ!感想