新橋駅の靴磨きのおばあちゃんをあさみちゆきが歌う新橋二丁目七番地



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ

話題モチキリの商品


高級メロンに文字が・・・・
話題性
インパクト
プレゼントに贈れば
記憶に残ること間違いなし
アートメロンはこちら
ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

新橋駅で靴磨きをしているおばあちゃんを歌った、あさみちゆきの新橋二丁目七番地

今、新橋駅で靴磨きをしているおばあちゃんの姿が
中高年の間で共感がもてると異例の大ヒット

 

この話題の新橋二丁目七番地を
スタジオで生披露

 

詳細は続きから


あさみちゆきが歌う新橋二丁目七番地が
今中高年を中心に歌詞に共感がもてると注目を集めている

 

三月にシングルCDが発売され
有線、演歌リクエストチャートで1位を獲得

 

1年で3万枚売れればヒットと言われる演歌歌謡界で
発売から2ケ月で約2万枚を売り上げる大ヒット

 

新橋二丁目七番地には、この歌のモデルとなった人がいた

 

その人物は
新橋駅前で40年間靴磨きをしている
中村幸子さん(81)

 

中村さんは19歳で静岡から上京しその後結婚
行商などを経て知人の紹介で40歳から靴磨きを開始
体が弱い夫を支えて5人子供を育てるために
来る日も来る日も必死に靴を磨き続けた40年間

 

そんな中村さんをモデルに作られたのが
この新橋二丁目七番地である

 

Q歌詞を聞いた感想は?

 

中村さん「泣けてくるね
     地べたに座って40年なんてね
     よくやったな40年も振り返ってみるとね
     いい歌ですよ、みんな歌ってほしいね」

 

 

あさみちゆき生歌披露
歌詞に注目

 

うすい座布団一枚で地べたに座って四十年
時が流れて人が流れる濁流うねるこの都会(まち)で
流されまいと流されまいと小石のようにうずくまる
靴を磨けばこころも晴れる今日も元気にがんばって
雨の日も風の日も新橋二丁目七番地

 

こんな私に出来たのは一生懸命生きること
秋の夕暮ひとつため息赤チン色の赤ちょうちん
一杯飲めば一杯飲めば人間なんて立ち直る
靴の汚れは心の汚れ夢も磨けばまた光る
雨の日も風の日も新橋二丁目七番地

 

 

設楽「いい歌ですね」

 

設楽「タイトルからそうですけど歌いたくなりますね」

 

あさみち「ありがとうございます」

 

せいじ「なつかしいかんじ」

 

設楽「40年間靴磨きされているんですよね?」

 

あさみち「えぇ今も」

 

設楽「その人生がドラマになって歌になっちゃうんですね」

 

山崎アナ「ちなみに、
     あのおばあちゃんは明日はきっといいことがある、大丈夫と言われてきたそうで
     それを聞きたくてわざわざ来るサラリーマンの方もいる」

 

設楽「靴を磨いてくれて、明日いいことあるよって言ってくれるんですか?」

 

せいじ、ミソノ「いいね」

 

山崎アナ「おばあちゃんはなんて言ってました?」

 

あさみち「おばあちゃんもカラオケ大好きなんですけど
     この曲歌ってるわよ、この曲売れるわよ、大丈夫って言葉をもらいました」

 

山崎アナ「あのおばあちゃん、天候や体調によって営業されていないときもあるそうなんですけど
     営業時間は朝9時30分頃から午後7時頃で土日祝日はお休みだそうです」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想