死人に口なし、ホイットニーとマイケルの意外な関係など



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ

話題モチキリの商品


高級メロンに文字が・・・・
話題性
インパクト
プレゼントに贈れば
記憶に残ること間違いなし
アートメロンはこちら
ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ホイットニー死後に付きまとう噂とお金

国際ジャーナリスト大野和基の
ワールドワイドショー

 

死人に口なし
ホイットニーとマイケルの意外な関係

 

詳細は続きから

今回のテーマは
死人に口なし
The dead cannot soeak.

 

 

前回、大スターには死に時があるとして
ホイットニーヒューストンを取り上げましたが
今回もホイットニーヒューストンにまつわる最新情報です。

 

 

大野「かなりしつこいかもしれませんが
   ジャーナリストとはしつこくないといけません
   ただし、プライベートでは、案外僕はタンパクです」

 

設楽「プライベートではタンパクなんですね」

 

大野「振られた女性は追いかけません
   ただし、取材拒否されるととことん追いかけますね
   地球の果てまで追いかけますね」

 

設楽「なるほど、なんで今それを言うのか・・・・」

 

春菜「生放送ですから」

 

井戸田「言い切ると決めてたみたいですね」

 

 

あのネバーランドで2週間過ごす

 

一部報道されていますが
ホイットニーはマイケルジャクソンと不倫関係にあったんです

 

これは1週間前に、マイケルのボディーガードが暴露した情報である

 

死人に口なし元ボディーガードの証言
・1991年マイケルのネバーランドに2週間滞在
・2001年マイケルのコンサートで再開「愛してる」と言う
・マイケルはホイットニーと結婚したがっていた

 

大野「なぜ今ばらしたのか?
   マイケルジャクソンはストレート
   つまりゲイではないということを証明したかったという理由だった」

 

 

元夫ボビーブラウン衝撃告白
「僕は彼女の死に関係ない」

 

テレビに出演して
ボビー「私はホイットニーをドラッグ中毒にしていません」

 

大野「つまりは会う前から彼女は中毒であったといった」

 

大野「なくなってから言うと反論がない」

 

だから、ホイットニーの死の原因は私じゃない

 

大野「最後コカインを飲んですぐに倒れたみたいですね」

 

大野「毎月、毎週何千ドル、毎月300万円ぐらいドラッグに使ってましたからね」

 

設楽「それももうわかっているんですか?」

 

大野「わかっているんです
   しかも、コカインをフェデックスで運ばせます
   それを飲んだ直後にお風呂に入ってうつ伏せに倒れたと言われています」

 

 

実母がホイットニーの伝記を執筆

 

ホイットニーの母は
娘の死後、多くの誤解が流れています
本を出版することで誤解を取り除きたいんです
嘘をつくのはやめてホイットニーの良い面も悪い面もすべてありのまま
書きたいと思っています

 

洗いざらい書きましょうと
お母さん自身が伝記を書きましょうと
出版社に持ち込んだ

 

設楽「持ち込んだんですか?」

 

大野「持ち込んだんですね、
   それは4月27日付のニューヨークタイムズが報じています」

 

大野「これをオークションにかけるので
   最低でも7ケタ
   最低でも100万ドルですから
   8000万円」

 

設楽「それは何が8000万円なんですか?」

 

大野「契約料ですね」

 

大野「設楽さんの場合はいくらですか?」

 

設楽「俺の自伝、そんなのもうどっからも買い手がつかないですよ」

 

大野「わかんないですよ、これからいろいろ」

 

設楽「俺が起こしたらね
   起こしたら、誰か、日村さんでも書いてくれたら・・」

 

大野「なんかの中毒になって」

 

設楽「なんかの中毒になって(笑)
   なんてことを言うんですか」

 

井戸田「これって伝記を出す時期を見計らって
    みんなが告白しているのが気になりますよね」

 

設楽「やはり、死人に口なしってことで
   本人不在でもこれだけのことが巻き起こるってことですね」

 

大野「アメリカの場合は
   ビル・クリントンが自分の電気を出すときの契約料は
   1000万ドル8億円ですね」

 

設楽「大スターってそうなんでしょうね」

 

大野「設楽さん覚悟した方がいいですよ」

 

設楽「僕は全然大スターでもないですから」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想