便秘外来小林先生が教える便秘が体に及ぼす危険性



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ

話題モチキリの商品


高級メロンに文字が・・・・
話題性
インパクト
プレゼントに贈れば
記憶に残ること間違いなし
アートメロンはこちら
ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

便秘外来 小林先生が教える便秘の危険性、便秘で家庭崩壊とは

日本の成人女性4人に1人が悩んでいると言われる便秘

 

そこに一人の救世主が現れた

 

順天堂大学医学部教授
小林弘幸先生

 

日本初の便秘外来を開設
まさに便秘のスペシャリスト
診察は4年半待ち

 

今日はスタジオで中解説

 

便秘が体に及ぼす危険性
子供の便秘で家庭崩壊に

 

詳細は続きから


 

便秘が体に及ぼす危険性

 

先ほどあった、便秘をすると大腸がんや脳梗塞の危険性というものは?

 

 

先生「実際には、便秘と大腸がんの因果関係と言うのはまず、証明されていない
   ただ、
   腸内環境が悪くて便がいっぱいたまると
   悪玉菌と言うものが増えてしまうのです
   そうすると悪玉菌が色んな毒素を出す
   悪玉菌が毒素を出すと腸の中に炎症がいっぱい起きてくる
   ですから、以前は、その炎症が大腸がんと関係があるんじゃないかと
   言われていたんです
   しかし、長年のスタディで
   完全な因果関係はないと言われているんですけど
   炎症が起きているので
   炎症が大腸がんにならないのか?っていうと
   まだはっきりはしていない」

 

西山「より少なくする方がいいわけですね」

 

先生「特に女性なんかは、吹き出物なんかがすごく出ますね
   やはり、汚い血液が流れていくんで
   そうすると顔に吹き出物がでたり
   肩こりになったり、
   腰痛になったり
   こうゆうのも便秘からくる症状ですね」

 

設楽「便秘によってほかの症状が出ちゃうんだ」

 

 

 

 

 

子供の便秘で家庭崩壊に

 

先生「お子さんも、生まれた直後の小さいお子さんから高校生ぐらいまで
   ものすごい便秘のお子さんが多くてですね」

 

設楽「子供の便秘?」

 

先生「特に排便する時に痛みがあるんですね
   肛門の狭いお子さんがいて
   痛みで、恐怖でトイレが嫌いになり行かなくなる

 

くわばた「可哀そう」

 

先生「で、我慢すると今度は本当に便秘になってしまって
   だんだん憂鬱になってくるんですね
   恐怖心が出てきて
   それで、家ではイライラしてきたりして
   逆に、トイレじゃなくてもいろんなところで排便してしまったりする」

 

くわばた「そんなことになっているんですね」

 

先生「そうすると、ご家族みんなが悩み出しちゃって
   特にお母さんなんかはストレスが強くなって
   常に頭の中が便のことでいっぱいになってしまう」

 

設楽「子供ん時って学校でするのもね一大決心がないと」

 

くわばた「男の子はそっか」

 

せいじ「それを俺はやめたの
    自分が緩かったから
    それがあると、学校で生活できないから
    それやめようって言って
    排便自由を導入したの」

 

設楽「自分が子供の時にですか?」

 

せいじ「子供の時に」

 

設楽「すごい、すごいですね
   それみんなOKって言ったんですか?
   そういう人がいたらいいんですけどね」

 

西山「ストレスをためないということが重要になってくるんです」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想