ピルってどんなイメージ?どんなもの?



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ピルってどんなイメージ?どんなもの?

避妊だけじゃない
ピルのことを知っていますか?

 

肌質改善に更年期障害予防
避妊だけじゃないピル活用術

 

 

詳細は続きから

 

ピルを正しく知ってもらって
正しく使用してもらう

 

立本アナ「まさにピル元年ですね。児島さん」

 

児島「うん、ピルの夜明けぜよ」

 

設楽「はい、ありがとうございます」

 

児島「盛り上がれよ」

 

さて本題に

 

立本アナ「設楽さんピルのイメージってどんなんですかね?」

 

設楽「やっぱり、避妊のための薬じゃないですか?」

 

実はピルには肌質の改善だったり、
更年期障害の予防も期待できる効果がある。

 

 

 

ピルってどんなイメージ?

 

自然に逆らうもの
副作用があるから怖い
生理をコントロールすることの不安
子宮がんになりやすい

 

ピルに対する不安ばかり
このマイナスイメージもあり
日本女性のピル使用率は2.3%
ドイツ52.6%
オランダ49.0%
フランス43.8%
と欧米諸国と比べるとあまりにも少なすぎる

 

この現状に婦人科のプロフェッショナル達が反論している。

 

 

厚生労働省研究班の要職を歴任している
ピルの第一人者産婦人科医
北村邦夫先生

 

ピルほどに安全性とか有効性が
科学的に確かめられている薬剤ってほかにないんですよ。

 

ピルには避妊以外の様々な利点があることがわかっている。

 

生理痛を和らげることができる

 

卵巣がんの発症率が非常に低い

 

 

女性の健康と美をサポートする
池袋クリニック医院長
村上雄太先生

 

ピルを飲むことによって
肌質は改善する可能性がある

 

更年期障害の予防にもつながる

 

40万部以上のベストセラー

女医が教える本当に気持ちのいいセックス

 

注目の産婦人科医
宋 美玄

 

設楽さん「避妊だけじゃないって言うの以外は全然知らないんだけど
     女性の方ってこれは常識なんですか?」

 

リリコ「生理のコントロール
    生理不順の女性が多いから
    それを正すっていうのが前はあったんですよね」

 

宋「そうです、今でもその通りです
  リリコさん正解です」
 「女性の多くは生理に支配されているというか
  振り回されている方が多いのですが、
  これは女性が自分のホルモンバランスをコントロールして
  人生をより充実させるという
  素晴らしい薬なんです」

 

 

今日のそもそも

 

ピルとはそもそも何なの?

 

女性ホルモンの
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つホルモンが入った合剤です
なので
女性ホルモンを含むホルモン剤のことをピルと言います。

 

なので、ピルを摂取することによって
ホルモンバランスを人工的に整えることで
排卵を起こさなくさせて、それが避妊にもつながるというもの
もっとも確実な避妊法です。

 

コンドームも避妊に使っている人もいるけど
普通に使っていると
1年で100人中15人ぐらいは妊娠してしまう
非常に不確率避妊方法です。
しかし、コンドームは避妊具ではなく性感染症を防ぐためのもの

 

避妊という面に関してはピルが一番確実な方法

 

 

◆この記事は続きがあります 1/6

  1. ピルってどんなイメージ?どんなもの?
  2. ピルの不安に答えます。太る?吐き気?乳がん?不妊?
  3. 生理のストレスをピルで改善できる
  4. ピルを飲むことで肌質、更年期障害を改善できる
  5. ピルのリスク副作用
  6. ピルの種類と購入方法、販売価格、保険について

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想