ピルの不安に答えます。太る?吐き気?乳がん?不妊?



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ピルの不安に答えます。太る?吐き気?乳がん?不妊?

日本は不安や抵抗感が非常に強い

 

その理由は
ピルのことを知らないから不安なんです。

 

 

詳細は続きから

 

まず、国が低用量ピルを承認するのが
諸外国と比べて非常におくれていた。
ピルを飲んでいるとなんかいかがわしいイメージとかあるが
まったくの誤解で
ピルについて何も知らないから不安になっているだけの話

 

というのも、
産婦人科女医は、
一般女性と比べてピルを使用している割合が非常に高い

 

宋先生も今は授乳中で飲んでいないが
妊娠するまではピルを飲んでいて
めちゃくちゃ快適だった
そしてピルを飲むのをやめてすぐに妊娠して
授乳が終わったらまた飲み始めようかな?と思っている

 

設楽「なるほど、ピル飲んでいるから妊娠しづらくなるってことはまったっない」

 

宋「全くないです
  ピルを飲むのをやめるとおよそ3ヶ月で元の状態に戻るので」

 

シュフモで調べた結果
ピルへの不安として
太る
妊娠しにくくなりそう
気持ちが悪くなる
乳がんになる危険
アレルギーなどが怖い
自然の流れに逆らう
などがあげられていた

 

北村邦夫先生「ピルを飲むと太る?
       それはちょっと考えられない
       ホルモン剤に対する偏見と誤解
       ライフデザインドラッグ
       という言葉もあり
       ピルを上手に活用することにより
       快適な性生活を送るだけじゃなく
       快適な日常を送ってほしい」

 

ピル都市伝説?
太る
吐き気
乳がん
不妊

 

ピルを飲むと太る?について

 

リリコ「太りますよ
    私、避妊のために若い時飲んでいたんですけど
    太りましたし
    つわりのようなものが」

 

設楽「そういう人もいるんですか?」

 

宋「太るっていうのは昔のピルで
  今使用されているて容量ピルでは太るという事実はない」

 

リリコ「昔のってこと」

 

宋「昔のもっとホルモン量がいっぱい入っていたモノでは
  確かに太る人もいた」

 

ピルを飲んで吐き気がするについて

 

宋「吐き気については黄体ホルモンによって怒ることがあるので
  私もピルの種類によっては吐き気がある場合もあります。」

 

宋「現在では、いろんな会社からいろんなピルが発売されているので
  必ず、自分に合ったものがあるはずです」

 

宋「なので吐き気は克服できるものです」

 

乳がんについて

 

宋「高用量ピルと呼ばれる
  より多くのホルモンを含んだピルの時には乳がんになりやすいというデータもあったが
  今販売されている低用量ピルでは乳がんになりやすいとは言われていない」

 

設楽「生理のコントロールができるのが怖いという人もいましたが」

 

宋「逆に私は、生理に振り回され続けるっていうのが
  人生損しているんじゃないのかな?って思うので
  こちらがコントロールしてやるぐらいのキモチ
  自分の人生を自分でデザインする
  正直、知ったらやめられません」

 

リリコ「本当にひどい人いますからね、可哀そう」

 

女性のライフサイクルイメージ

 

明治頃は
初潮が来るのも14〜15歳と遅く
そのあと約6回ぐらいの出産を経験して
閉経も50歳ぐらいと早かった

 

現代では
初潮は12〜13歳ぐらいから始まり
その後2〜3回の出産を経験して
閉経も50歳以降とかなり伸びている

 

なので、生理が起こっている時間が
現代が人類史上もっとも長いと考えられる

 

そのせいで生理に苦しむし
子宮体ガンや卵巣がんというものが増えてきている
なのでピルを飲むことによりこれらのガンが減ると考えられている。

 

立本アナ「より自然な周期になるということですよね」

 

宋「自然というか、昔ながらの周期になる」

 

設楽「これ毎日飲まないといけないんですか?」

 

宋「あとで説明しますが、毎日飲まないといけないものと、3週間飲めばいいものとあります」
 「飲みわすれなければ一日のうちどの時間に飲んでも構いません」

 

◆この記事は続きがあります 2/6

  1. ピルってどんなイメージ?どんなもの?
  2. ピルの不安に答えます。太る?吐き気?乳がん?不妊?
  3. 生理のストレスをピルで改善できる
  4. ピルを飲むことで肌質、更年期障害を改善できる
  5. ピルのリスク副作用
  6. ピルの種類と購入方法、販売価格、保険について

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想