ビートたけしの落書き小僧展



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ビートたけしの落書き小僧展

2010年フランスで開催された
BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展が

 

ついに日本で開催されます。

 

詳細は続きから

 

 

 

明日、4月13日より
BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展が
日本で開催されます。

 

 

個展の入り口を入ると
「オレを見ているおまえは誰?!」という作品がある

 

見たものは脳で解釈するというところから
自分の脳をみたらどういう風に思うんだろうというパラドックス

 

次に見たものは
陸上のボルトが活躍していた時の作品で
「ウサイン・ボルト電池」
9.58ボルトですぐ切れる。
そういう乾電池が1番笑うでしょ?

 

 

さらに奥に進むと
たけしさん直筆の絵画が飾られています。

 

 

西山アナ 「実はこれが大好きなんです」
と紹介した絵画は
「たまじいと魂胆」
日本人の心はいつも良い心と悪い心が争っているというのをモチーフにした作品

 

18年前のバイク事故の後
動物と花が融合した不思議な絵をかき始めた
それ以降書き溜めた絵を厳選して展示してあります。

 

中にはキタノ映画で使用された作品からフランス展以降の作品も展示されています。

 

 

会場には故郷浅草の見世物小屋をイメージした作品や

 

北野たけしのルーツをイメージした作品が展示されています。

 

展示品の中にはさわれるものもあり
たけし流の笑いの仕掛けがされているものもあります。

 

たけしさんはこの個展で
アートも崩せばこんな風になる
アートと呼ばなくたっていいと思っている。

 

今の学校教育では、
出会うことでなんとなく仕事についてしまうというものがないので
この会場で子供が楽しんで将来につながるものを発見できる場所となれば良いと思っているらしい

 

 

設楽さんに対して

 

こいつら面白いじゃないか。
顔がね、長年水商売をして人をだました顔をしている。
いかにも女だましって顔をしている。
ホステスなんかに入れ込ませたホストみたいな顔
将来新宿のスナックなんかやって終わりだよ

 

スタジオで
設楽さん 「僕のこと聞いてくれたんですか。
       うれしいけどすごい緊張が」

 

 

BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展
Fondation Cartier pour l'art contemporain

 

期間
2012年4月13日?9月2日

 

会場
東京オペラシティ アートギャラリー館

 

開館時間
11:00〜19:00(金・土は20:00まで/最終入場30分前)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日/GWは無休)、8月5日
公式サイトはこちら

スポンサードリンク

ノンストップ!感想