史上初銀卓球女子3人娘福原愛、石川佳純、平野早矢香コメント、樋浦令子スタジオで生解説



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

史上初銀卓球女子3人娘福原愛、石川佳純、平野早矢香コメント、樋浦令子スタジオで生解説

日本卓球史上初
3人娘銀メダル獲得

 

日本時間きょう未明

 

表彰台で最高の笑顔を咲かせた

 

福原愛選手(23歳)
石川佳純選手(19歳)
平野早矢香選手(27歳)

 

世界王者中国と対決

 

詳細は続きから

第一試合

 

福原愛選手

 

李暁霞(女子シングルス金メダル)に実力の差を見せつけられるものの
得意のバックハンドを使い意地を見せた

 

3−1で中国の勝利

 

 

 

第2試合

 

丁寧(女子シングルス銀)

 

VS石川佳純選手

 

第2ゲームで接近戦を展開するが
逆を突かれてしまう。

 

3−0中国の勝利

 

 

 

第3試合

 

石川佳純選手、平野早矢香選手ダブルスへ

 

第3ゲーム、相手を揺さぶり一ゲームを奪い返す検討を見せるが
第4ゲームを取られ

 

3−1中国の勝利

 

 

日本は銀メダルを獲得

 

 

 

平野早矢香選手コメント

この3人のいいチームでここで戦えて本当に幸せだなと思った

 

 

石川佳純選手コメント

決勝の舞台で戦うことができて幸せです

 

 

福原愛選手コメント

Qお母さんと20年で取ったメダルですけどどうですか?

 

やっぱり・・・(涙ぐむ福原選手)
頑張ってきてよかったなと思います

 

 

 

日本卓球女子団体
初戦から準決勝までストレート勝ち
日本卓球史上初のメダル獲得

 

 

快進撃の要因は?

 

ゲスト:樋浦令子(ひうられいこ)
    元卓球日本代表 2007年度 全日本選手権で福原愛、石川佳純を破る

 

 

設楽「今日は生サーブを打っていただける、どのくらいの次元かわからない」

 

 

各選手の特徴、樋浦さんによる解説:

 

福原愛選手の特徴、解説

 

バックハンドが得意、特殊なラバーを使っている(粒高ラバーの特に高いもの)
変化が出しやすく、野球で言うナックルも出せる。

 

粒高の制限はある

 

でも扱いにくく、普通の人には難しい

 

 

石川佳純選手特徴、解説

 

サーブの種類が多い
同じモーションスイングから違うサーブを出せる
どんな回転かわかりずらく出している

 

ひらめいたサーブを出している

 

ひらめきサーブとは?

 

今までに出したことのない新しいサーブ

 

今回は準々決勝で出した

 

 

 

石川風サーブを設楽さんが生体験

 

まずは普通のラリー

 

設楽「それすら返せるかわからない」

 

(笑)

 

何とか返す設楽さん

 

 

石川風サーブ

 

設楽「どんなのか楽しみだな」

 

返せない設楽さん

 

樋浦さん「やー!」

 

スタジオ「かわいい」

 

(笑)

 

設楽「それ見ててむかつくんだなー返せなくて相手の選手が「やー!」って腹立つやつだ!
   なんで返せないんだろう?」

 

西川「なんで?」

 

設楽「たぶん、回転をみあやまったんだろう」言いにくくギリギリ(笑)

 

 

スロー映像

 

回転がかかっているので、返す撃ち方をしないとかえせない

 

サーブは球とラケットが当たった瞬間を見てどんな回転か見分けるが

 

石川選手のサーブはあったった瞬間、見えないようにラケットの方向を変える

 

設楽「細かいことをやってるんだ!」

 

 

西川さんのチャレンジ

 

球が卓球台に当たった瞬間、違う方向に飛ぶサーブ。

 

設楽「当たりもしなかった!」

 

児嶋「空振りって」

 

西川「回転がすごかったからできなかったんだよ」

 

(笑)

 

樋浦さんありがとうございました。

スポンサードリンク

ノンストップ!感想