独占モロゾフ氏(36歳)告白映像入手!「安藤美姫と結婚も考えた」フィギュアスケート|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

独占モロゾフ氏(36歳)告白映像入手!「安藤美姫と結婚も考えた」

安藤美姫(24歳)について語る元コーチ、ニコライ・モロゾフ氏(38歳)

10月19日シアトル

 

撮影、インタビュー:国際ジャーナリスト、大野和基

 

詳細は続きから

Q安藤選手との結婚について考えた?

 

考えたよ

 

 

 

Q今でも彼女のことが好きですか?

 

もちろん。嫌いになるわけはない

 

 

 

大野「安藤美姫選手が日刊スポーツのインタビューを受け
   来シーズン後に引退すると話したと言っていましたが

 

   安藤選手に最後にあったのはいつですか?」

 

 

モロゾフ「6月です」

 

 

Q、何を話したのですか?

 

「スケートのことは何も・・・
 あまり話していないが」

 

 

Q、3月にコーチを断ったと言っていますが本当ですか?

 

「YES」

 

 

 

Q しかし彼女はあなたに代わるコーチはいないと言っています
  つまりあなたが彼女にとってベストなコーチだということです

 

モロゾフ「そういわれると嬉しいね」

 

 

大野「そうでしょうねでも彼女がそういったんです」

 

 

モロゾフ「それはすごい」

 

 

大野「でもあなたは彼女のコーチになりたくなかった
   そうじゃないでしょう?
   あなたも彼女のコーチになりたかった」

 

 

モロゾフ「いや僕はやりたくなかった

 

 

 

 

大野「安藤選手はあなたがコーチをできないと言われ
   ショックを受けたと言っていました」

 

 

モロゾフ「ショックを受けた?」

 

 

大野「ええ」

 

 

モロゾフ「彼女がそういっていた?どうして?」

 

 

大野「あなたがベストコーチだからだと彼女は言っています」

 

 

モロゾフ「いやそのことじゃないそれは分かってる
     でも彼女がショックを受けたと言っていた?」

 

 

大野「なぜならあなたが彼女のコーチをできないからです
   それでショックを受けたのです」

 

モロゾフ「そうか でも彼女は・・・わからない

 


戸惑うモロゾフ氏いったいなぜ?

 

 

安藤選手、モロゾフ氏と3人で食事をしたことがある大野氏

 

大野「前回私たちが一緒に食事したのを覚えていますか?」

 

モロゾフ「ええ」

 

大野「あの後何があったのですか?」

 

モロゾフ「いろんなことがあってもう忘れたよ

 

大野「安藤選手と付き合っていましたよね?何があったのですか?」

 

 

モロゾフ「彼女が僕と別れると決めたんだ」

 

大野「決めたのは彼女?」

 

モロゾフ「ああ」

 

 

大野「本当ですか?いつ?」

 

モロゾフ「去年の夏です」

 

 

大野「彼女は何といったのですか?その時の言葉を覚えていますか?」

 

モロゾフ「もう僕とは関係を続けられないと言ったんだ」

 

 

大野「そうなる前に何か前兆はありましたか?」

 

モロゾフ「なかったと」

 

大野「突然だったのですか?」

 

モロゾフ「はい」

 

 

大野「彼女に何が起こっていたのか全く知らなかった?」

 

モロゾフ「全く知らなかった

 

 

去年の夏と言えば

 

安藤選手は去年4月の世界選手権で2度目の優勝

 

モロゾフ選手にとって安藤選手の言葉はあまりにも突然の出来事だったという

 

 

 

 

Q、彼女との結婚について考えたことは?

 

モロゾフ「考えた」

 

 

大野「そういう意味で彼女がショックを受けたと
   彼女に何かあったのでしょうね
   わかりますか?」

 

モロゾフ「僕が思うに・・・
     いやわからない・・・

 

     彼女はただ僕とは・・
     僕から離れて生活したかった

 

大野「彼女から詳しい説明はありましたか?」

 

モロゾフ「詳しい説明?わからない

 

 

 

 

なぜか?

 

その後、モロゾフ氏は高橋大輔選手のコーチ

 

安藤選手はコーチ不在

 

 

そして今年三月

 

Q 安藤選手はあなたにコーチを依頼しましたか?

 

モロゾフ「はい3月に依頼してきた

 

 

大野「何と答えたのですか?」

 

モロゾフ「断った

 

大野「どうしてですか?高橋選手のコーチをしてるから?」

 

モロゾフ「いや違う
     僕たちの間にはいろいろあって
     それでもうやらないと決めたんだ

 

     彼女のコーチをするのは僕には難しいだろうと思って」

 

 

大野「彼女はなんて言いましたか?」

 

モロゾフ「別に特には何も
     それでおしまいだと理解したようだ」

 

 

 

Q 今でも彼女のことが好きですか?

 

モロゾフ「もちろん嫌いになれるわけがない」

 

 

大野「もう一度彼女のコーチに復帰する可能性は?」

 

モロゾフ「それは難しいと思う」

 

 

大野「すごく難しいですか?」

 

モロゾフ「ああ」

 

 

大野「絶対無理とは言いませんでしたね」

 

モロゾフ「絶対無理とは言えないが現実には難しい」

 

 

 

大野「それはお二人の恋愛関係が理由?」

 

モロゾフ「ああ」

 

 

大野「お二人の仲が壊れた、だから彼女のコーチはしない?」

 

モロゾフ「いや・・僕たちの中が壊れたわけじゃなく
     ただ彼女が僕とかかわりたくないと思っただけ」

 

 

 

大野和基さんスタジオに登場

 

設楽「大野さんスクープですね」

 

大野「大スクープです」

 

 

大野さんは「キス・アンド・クライ」というモロゾフ氏の本の制作に
たずさわってきたため取材ができた。

 

2006年モロゾフ氏がコーチにつく

 

今までの報道だとモロゾフコーチが安藤選手を突っぱねた印象だったが

 

今回のインタビューでこう解釈されるのではという新たな説が出てきた

 

 

モロゾフ氏は結婚も考えていた。
あと一歩で結婚というところだった。

 

11年4月に優勝した後

 

夏、安藤選手が「関係を続けられない」モロゾフコーチ「ショックだった」

 

この心境からの「コーチができない」

 

大野「安藤選手はモロゾフコーチのことが好きだけれども
   結婚はできない。だから別れましょうと」

 

設楽「なんでなんですか?」

 

大野「そこはわからない」

 

西川「安藤選手はフェイスブックなどでいろいろ言ってたじゃないですか、
   どう考えてもモロゾフさんが好きって意味だと思うんですけど」

 

大野「当然好きだと思います、でも結婚まではいけませんと
   恋愛関係は切るけれど、コーチはしてくれということですね

 

   でもモロゾフさんからしたら切り離してできない」

 

 

 

今後二人の関係はどうなっていくのか?

 

安藤選手が今シーズン欠場するのは「コーチが見つけられないから」と

 

 

モロゾフ「だがもし本当にコーチを見つけようとするなら見つけられるはずだ

 

     2度も世界チャンピオンになっている彼女は一流のスケーターに間違いない」

 

 

大野「そうですよね、安藤選手はどのくらい選手を続けられると?」

 

 

モロゾフ「彼女にその気さえあれば・・

 

     体に支障がなければ一流のスケーターでいられる

 

     それだけの資質を持っている

 

     彼女は才能に満ち溢れている」

 

 

 

スタジオで

 

大野「モロゾフさんは今でも愛していますね
   普段は、飲みに行ったりすると下ネタとか言いますけど、そういうのがなかった。」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想