正しいお正月の迎え方マナー:いまさら聞けない○恥手帳(マルチ手帳)



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

正しいお正月の迎え方マナー:いまさら聞けない○恥手帳(マルチ手帳)

 

小笠原流 礼法の起源

 

700年以上前から
弓・馬などの心得・作法を司っていた

 

室町時代には後醍醐天皇も
「小笠原は日本武士の定式たるべし」
と述べている

 

 

小笠原流礼法
・立ち居振る舞い
・食事
・宮仕えの心得
・書状の書き方
・弓馬の心得

 

先生:小笠原流礼法 宗家
   小笠原敬承斎さん

 

 

詳細は続きから

知らなきゃ恥:正月とは?

 

歳神様を家に迎え入れ感謝や願い事をする日

 

歳神様とは
日本人が農耕民族なので
他の神様
またはご先祖様
後は先祖代々祀ってきた神様

 

 

歳神様を迎えることで、最も重要なのが

 

大掃除

 

大掃除は伍するべきなのか?

 

12月13日〜28日の間

 

神様をお迎えするのにギリギリまでやっているのは失礼にあたる

 

 

門松を飾ってはいけない日

 

12月29日は苦が付く
31日は一夜飾りとなるので
この日に門松を飾り始めるのはいけない
25日〜28日に飾った方が一番いいと言われている

 

門松は歳神様が家に来る目印となるもので
お招きするための物なので
家の中に松を飾る方が良い
さらに、大切な場所や物に飾るとなお良く
女性なら鏡台や台所・男性なら書斎など
子供なら勉強机など

一般的に門松は大きいイメージがあるが
松を飾ることが大事なので
一輪挿しの松を飾ってもいい

 

しめ飾りとは

それから先は神様のいる神聖な場所ということを表すもので
大事な場所などに付ける

 

鏡餅とは

神様にお供えするもので
2段あるのは一つは人間の魂を、一つは神様の魂をという意味がある

 

飾り物は全て28日までに行う

 

また、飾り物をする前にしっかりその場所を掃除しておく必要がある

 

 

初詣はいつするべきなのか?

 

大みそかに行うのは「除夜詣で」といい
「初詣で」夜が明けてから行う

 

一番望ましいのは
除夜詣でをしてから一度家に帰り
体を清めて、晴れ着を着てから初詣に行く

 

 

初日の出を見に行く意味は?

 

初日の出と共に歳神様が来るので
それと共に神様にお祈りする
また、初日の出を見た方が縁起が良いとされている

 

元日の朝はまず何をするのか?

 

まず、体を清め
御屠蘇(おとそ)をして
新年のあいさつをする

 

御屠蘇として飲むものは
日本酒に漢方薬を漬けた「薬酒」を飲むのが良い
御屠蘇とは
蘇(悪鬼)を屠る(打ち負かす)という意味がある

 

薬酒を作る物に
屠蘇散 2合分 210円(高野山大師堂)などがある

 

成分には
サンショウの実:健胃作用・抗菌作用など
キキョウの根:鎮静・鎮痛作用など
ニッケイ(シナモン):健胃作用・解熱作用など

 

これを数時間〜一晩、日本酒に付けた物を薬酒という
お酒の飲めない人は「みりん」に付けてもいいし、一口なめるだけでも良い

 

暦のたしなみ
日本のしきたりを学べる本

スポンサードリンク

ノンストップ!感想