静岡県の駿河湾沖から九州沖の南海トラフ地震の被害想定と対策方法|フジテレビノンストップ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

静岡県の駿河湾沖から九州沖の南海トラフ地震の被害想定と対策方法

死者最大32万3000人
これは南海トラフ地震(M9.1想定)で起きる被害予想です

 

 

この南海トラフとは

静岡県の駿河湾沖から九州沖に延びる海底の溝のこと

 

この南海トラフの広い地域が震源地となると
マグニチュード9以上の地震や大津波が起こる危険性がある

 

詳細は続きから

死者32万3000人というシナリオは
やや風の強い冬の深夜に東海地方を中心に大きく被害が出たものと想定

 

この時に津波の被害想定人数は
全体の3/2以上の約23万人死亡

 

 

甚大な被害を与える津波は東京にも押し寄せることが発表された

 

東京湾沿いの
江東区・品川区では2.2m
中央区・港区・大田区では2.1m
江戸川区でも1.8mと予想されている

 

今回内閣府の発表では
30cm以上の津波により死者が出始めて
1m以上の津波では巻き込まれた人はほぼ全員が死亡すると発表した

 

 

さらに今回の発表で深刻化した問題が液状化です

 

去年3月11日に起きた東日本大震災
千葉県浦安市では液状化による地盤沈下が発生
住宅の
10棟が全壊
3614棟が半壊
4917棟が一部損壊した
また、上下水道が使えなくなるなど大きな被害が出た

 

千葉県浦安市では1年半がたった今でも液状化の爪痕が残っている
傾いた街頭、段差のある駐車場、街の至る所で復旧工事をしている

 

 

そして今回南海トラフ地震で東京も液状化が起きると想定され
建物の倒壊などが予想された

 

最悪の被害想定がされた今、私たちはどう防災に取り組むべきなのか?

 

 

ゲスト:渡辺実
鰍ワちづくり計画研究所代表
防災・危機管理の仕事に携わって30年余り
被災現場に足を委運び研究を続けている

 

山手線の東側一帯が液状化被害でると想定されている

 

液状化とは

地面の土が外に出てきてしまう現象
そして、地下に空洞ができるので
地下に埋めている上下水道、電気配線、ガス管など様々なものに被害が出る
また出てきた土により建物、構造物が傾いたりする被害が出る
酷い場合は建物が真っ二つに折れてしまうことも

 

いま予想されている液状化被害が
都内で約1000棟が全壊すると予定している

 

 

設楽「僕の知り合いが浦安に居て
   液状化被害の補助金が出ないので自分でやらないといけないから
   治せなくて大変みたいですね」

 

先生「液状化被害による政府の補助とかはまだ未完成な状態なんです」

 

柴田「家を買う時に液状化になる危険性があることは説明されなかったんですか?」

 

先生「今回、実際にそういう問題があって、住民と分乗した会社とトラブルになっているんです」

 

設楽「治すにしてもお金がすごいかかるらしいですよね」

 

先生「周りで液状化現象が起きるから自分の家だけ直しても本来の解決にはならない」

 

先生「地震や液状化で傾いた家には、三半規管(三半神経)に影響して
   頭痛、気持ち悪くなるなどの症状が出るの長い間いることが出来ない」

 

 

また、南海トラフ地震では、震源地近辺の東海・近畿・四国・九州に大きな被害がでるとされていますが
離れているからこそ起きる被害というものもあります
それは
長周期地震動

 

長周期地震動とは?

今回の政府の被害想定には入っていませんが
震源地から離れた場所では周期の長い地震が起こります
建物には固有周期というものがありこの周期が一致すると
共振現象を起こし破壊につながります
基本的に、高層ビルや長い橋などは周期が長いので共振現象の危険がある

 

 

長周期地震動を体験できるのが
地震ザブトン
新宿の高層ビル階にいるときに
駿河湾で発生したM8.0の地震が起きた時の揺れを再現してもらった
前後左右に最大2Mも揺さぶられた

 

体験したディレクターは
この地震だと動くこともできませんでしたと語る

 

長周期地震動の対策方法は?

 

横揺れになるので、家具の転倒などを徹底的にやっておかないといけない
寝室は特にリスキーなので家具の固定は徹底的にやらないといけない
高層マンションでは、3.11の時には4mぐらい揺れていたので
そのレベルの揺れになると突っ張り棒程度の転倒防止では役に立たない
なので、ねじなどで固定しないといけないが
なかなか、壁に穴をあけるのはできないので
突っ張り棒と家具の下に挟む地震対策など2重以上の地震対策を行う

 

 

今回想定された
被害死者数は適切な避難行動や対策ができていれば
最悪のケースの1/5程度まで死者数を下げることは可能だとされている

 

設楽「今30階を高層と紹介されましたが
   実際は10階以上を高層と言って
   20階以上を超高層というので
   結構低いかな?って思っている人もしっかり対策をとるべきですね」

 

防災の日SP 首都大震災
〜わすれない3.11の警告〜
今夜9時放送

スポンサードリンク

ノンストップ!感想