リリコが故郷のスウェーデンのクリスマスの楽しみ方を紹介旅行・レジャー 名所・人気スポット・話題スポット|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

リリコが故郷のスウェーデンのクリスマスの楽しみ方を紹介

ゲスト:近江陽一郎

 

場所:スウェーデン ストックホルム

 

北欧のベネチアと呼ばれる水の都

 

12月になるのとクリスマス一色に

 

日本とちょっと違うサンタクロースなど
スウェーデンならではのクリスマスグッズを紹介

 

 

詳細は続きから

リリコさん達は
フィンエアーを使って最速最短でスウェーデンへ

 

フィンエアーでは記念品として
北港人気ブランド「マリメッコ」とコラボした機内グッズが用意されている

 

 

旅慣れたリリコさんの機内での過ごし方は?

 

アンチスタックス

 

むくみによく効くとリリコさんのマストアイテムらしい
カプセルだから飲みやすい

 

さらに、機内では

イオンウォーターを飲む

 

日本から約10時間30分でストックホルムに到着

 

 

リリコ直伝スウェーデン流クリスマスの楽しみ方

 

ストックホルムの街中へ

 

まず向かったのが

ガムラスタン

ストックホルムの旧市街
17〜18世紀の建物が今も残っている街

 

このガムラスタンの中心的広場で行われているのが

 

クリスマスマーケット

11月下旬ごろから開催される伝統的なイベントで
小さな屋台でオーナメントやお菓子などが販売されている

 

リリコさんは
スウェーデンのクリスマスでは欠かせないキャンドルのお店へ

 

3つ股のロウソクには
「信じる」「希望」「愛」の意味が込められているというが
灯りの少なかった時代にひとつのロウソク立てで多くの灯りを確保するために造られたとも言われている

 

 

次のお店はグレッグ屋

 

グレッグとは

ホットワインで
赤ワインに
シナモン・ハーブ・砂糖などを加えてスパイシーにしたもの
スウェーデンではレーズンとアーモンドを入れて飲むのが定番

 

 

次に訪れたのは

ツリー市場

スウェーデンではクリスマス時期
広場に臨時のツリー市場が開かれる

 

ここで販売されるのは生のもみの木
一本1万5000円〜3万円するツリー選びには独特のこだわりもあり
家の天井の高さに合わせてクリスマスツリーを買う

 

 

街を散策していると
目に入るのは大きな星飾り

 

これはベツレヘムの星とよばれるもので
スウェーデンでは窓際に飾るのが一般的だが
日本のツリーの先の星と同じもの

 

 

 

続いては
リリコさんおすすめのショップへ

スヴェンスク・ヘムスロイド

木製のモダンなキッチングッズから
伝統的な木馬の置物「ダーラヘスト」など
様々な手作りのものが売っている人気店

 

そして
スウェーデンのサンタさんと言えば

トムテ

農業の守り人として古くから信じられている妖精
幸福も運んでくるが災いをもたらすこともある

 

 

スウェーデンの伝統料理を食べる

 

訪れたお店は

スーリーデン

 

そこにはたくさんの料理がいっぱい
日本のバイキングとはこのスモーガボードのことを言う
バイキングというのは日本だけ
このスモーガボードに並ぶ料理は
ニシンやサバ・サーモンなどのシーフード
甘いジャムをつけて食べる肉料理
そして
ヤンソン氏の誘惑と呼ばれるジャガイモとアンチョビのグラタン
など40種類以上がたのしめる

 

 

日が沈んだ後は
暖色系の灯りが街を照らし
別の顔を見せるストックホルム

 

続いては

スウェーデンの一般家庭でおもてなしを体験

 

まず通されたのは
広さ15畳ほどのリビング
11月下旬からクリスマス準備を始めるのがふつう

 

まず持ってきたのがグレッグ
スウェーデンではこのグレッグの味付けが各家庭で異なる

 

そして
ルセカットと呼べれる
サフランが入った伝統的な菓子パンで
レーズンの自然な甘みが特徴的な食べ物

 

まずはこの二つでおもてなしするのが一般的

 

 

続いては
一緒にジンジャークッキーづくり
本来は家族で作ったものをお客さんに出してもてなす

 

出来上がったクッキーにデコレーションして完成

スポンサードリンク

ノンストップ!感想