小5が自転車衝突で9500万円賠償支払どんな事件?人ごとではない自転車事故で高額賠償金のケースとは?:あなたの知らないセケンニュース 事件・事故|フジテレビノンストップ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

小5が自転車衝突で9500万円賠償支払どんな事件?人ごとではない自転車事故で高額賠償金のケースとは?:あなたの知らないセケン

自転車で事故を起こしてしまった場合に高額な賠償金を請求されることがあることをご存じだろうか?

 

スタジオゲスト

 

交通事故に詳しい弁護士:長瀬佑志弁護士

 

 

詳細は続きから

今回9520万円の賠償金になった自転車事故、どんな事故だったのか?

 

当時小学校5年生だった少年の親に賠償命令

 

少年は坂を時速20〜30キロで下っていた

 

散歩中の女性(当時62歳)に衝突

 

女性は2m飛ばされ、頭を打ち脳挫傷

 

5年たった今も意識不明の状態

 

 

損害賠償額9520万円の内訳

 

将来の介護費:3940万円

 

事故によっていることができなくなった収入:2190万円

 

ケガの後遺症に対する慰謝料:2800万円

 

その他:約590万円(病院に行ったりなど)

 

 

けして高いという金額ではないそう。

 

加害者の悪質運転がケガの後遺症に対する慰謝料に影響を与え、金額がかわる。

 

今回の場合は悪質だという事で高額になっている。

 

 

 

自転車対歩行者の事故は他にもあり高額賠償金事故が増えている

 

 

自転車と歩行者の衝突事故で損害賠償金5400万円など高額賠償金の事故は増えている

 

 

10年前と比べ交通事故総数が29%減っているのに対し
自転車対歩行者の事故は33%も増加している

 

 

 

加害者が13歳以上の場合、本人に損害賠償請求される

 

将来の給料が差し押さえられる

 

個別のケースによって異なるが、民法上、中学生以上は責任能力があるとされる

 

実際に、将来の給料の4分の1を差し押さえられたケースもある。

 

 

 

 

高額賠償になる悪質運転のケース

 

危険運転

・スピード違反
・飲酒
・信号無視
など

 

 

片手運転

・携帯電話
・ペットボトル
・傘さし
など

 

 

走り方

・二人乗り(幼児以外)
・併走
など

 

 

荷物

 

・かごに荷物を入れすぎ
・荷物をハンドルにかける
など

 

 

 

実際のケース

 

2002年東京
男性が片手にペットボトルをもち運転・衝突
主婦(38歳)が脳挫傷で死亡
損害賠償約6800万円

 

 

2005年神奈川県
女子高生が携帯電話を操作しながら無灯火で運転衝突
女性(57歳)に障害
損害賠償約5000万円

 

 

 

自転車事故で高額賠償!月数百円からの備え

 

TSマーク付帯保険

 

対象:事故の相手(人)、自分

 

保険料:約1000円(設備費含む)

 

補償額:最高2000万円(期限1年)

 

設楽「期限一年なの?一年たったら切れてるの?」

 

佐野アナ「一年たったら、車検のようにまた整備して更新しないといけない」

 

 

 

自転車事故専門の保険、ある保険会社の自転車事故保険

 

対象:事故の相手(人、物)、自分

 

保険料:月払い410円

 

補償額:最大1億円

 

 

強制ではないため自分で選択して入らないといけない。

 

最近では自転車事故の高額請求を払えず自己破産するケースも増えている

 

 

設楽「車みたいに強制じゃないんだ」

 

リリコ「保険に入ったから安心ではなく、まずは携帯を見ない!ちゃんとすることが大事」

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想