森永卓郎が教える。アメリカ大統領選挙!家計にマイナスなのはどっち?海外セレブ・ゴシップ アメリカ大統領|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

森永卓郎が教える。アメリカ大統領選挙!家計にマイナスなのはどっち?

オバマ大統領とミットロムニー候補

 

世論調査で二人の支持率はほとんど差のない状態

 

しかし今回は最悪の大統領選挙だと言われている

 

その原因は


ネガティブキャンペーン

 

それは、互いを中傷し合う選挙戦のこと

 

 

詳細は続きから

 

オバマ陣営がロムニー候補の失言をVTRに

 

ロムニー陣営は

 

セレブ大統領誕生から4年あなたの生活はよくなりましたか?

 

と皮肉たっぷり

 

オバマは280億円
ロムニーは310億円
をCMにかけたがそのうち
オバマ85%
ロムニー91%
が中傷CMとなっている

 

 

家計にマイナスは続きから

30秒でわかるアメリカ大統領選挙

 

アメリカ大統領選挙は州ごと投票

 

そしてアメリカにはその州の人口によって数は違いますが
538人の選挙人が決められています。

 

ポイントは投票数の多かった候補者がその週の選挙人を総取りすること

 

そして過半数の270人の選挙人を獲得すると勝ちとなります

 

 

森永卓郎さんが言うには

 

オバマ大統領がかかげる政策は
アメリカ経済復活のため輸出の倍増
これによりドル安円高傾向が強くなり
海外旅行やガソリンが安くなるが
国内の製造業での働く場所がなくなり
最終的には生活が貧しくなっていく

 

 

ロムニー候補の掲げた政策は
規制の撤廃など政府の関与を外すこと
これによりアメリカの景気は失速する可能性もあるが
日本は円安傾向となり輸出が増える可能性がある

 

 

なので、ロムニー候補が当選した方が
円安になり日本の景気は回復するという

 

 

 

経済以外の面ではどうなのか?

 

大野和基さん曰く

 

日米同盟の重要性についてオバマ大統領はよく分かっているが
ロムニー候補は全く眼中にない状態で
むしろイスラエルや中国へ目が向いている

 

金「でも、オバマも結局はアジアでは中国が第1だから
  日本が自分でアピールしていかないとダメ」

 

 

ネガティブキャンペーンについて
大野さん曰く

 

2010年の裁判により政治献金が無制限になったので
選挙でかなりのお金を使用することが出来るようになった

 

一例として
ロムニー候補にはテキサス州の実業家が20億円献金
オバマ大統領にはスティーブンスピルバーグが献金しているという

 

金「日本は平等意識があるけど
  アメリカは金持ちはカネに任せ得て政治介入するのが当たり前」

 

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想