国内で3人が死亡、ダニウイルス感染症の脅威とその対処方法感染症・ウイルス医療、病気|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

国内で3人が死亡、ダニウイルス感染症の脅威とその対処方法

国内で3人が死亡
あなたの身近に迫っている殺人ダニの脅威

 

ウイルスを持ったダニに噛まれることで
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という感染症にかかってしまう

 

その症状は
通常6日〜2週間の潜伏期間があり

 

発生すると
発熱や嘔吐など風邪に似た症状が現れる

 

そして重症化すると
下血などを御こし死に至る場合もある感染症

 

その致死率は12%

 

2009年に中国で初めて報告されたウイルス感染症
その有効なワクチンはまだ存在していない

 

 

詳細は続きから

このウイルスを媒介するのが
フタトゲチマダニと呼ばれるダニで
その大きさは3oと一般的なイエダニが1oなので3倍もの大きさがある

 

このフタトゲチマダニはどうやって人や動物に取りつくのか?

 

フタトゲチマダニは人間や動物の体温や呼吸を感知し
相手が目の前に来たときに気づかれないように飛びつき血を吸い始める

 

この時、口からセメントのような固着物質を出し皮膚に取りつく

 

もしこのフタトゲチマダニがSFTSウイルスを持っている場合
血液にウイルスが流れ込み血小板や白血球が減少してしまう

 

また、血を吸ったフタトゲチマダニの体はおよそ1cmの大きさまで膨れ上がる

 

フタトゲチマダニに吸血されると
痛みを伴った激しいかゆみに襲われる
しかし、人の手で取ってしまうとしまうと
ダニの抗止血剤で血液が固まらない状態になってしまうので
ダニを取らずに医療機関に行ってとった方が良い

 

フタトゲチマダニは人や動物に取りつくと数日から10日間吸血する

 

 

フタトゲチマダニはどこにいる?生息域は?

 

木の多い公園や河川敷、キャンプ場、市街地周辺に生息し特に草薮に多く生息しているという
そして、
生息域は日本全国

 

暖かくなるにつれて活発になるので注意が必要です

 

 

フタトゲチマダニの感染症SFTSから身を守る方法

 

一番はこのSFTSウイルスを持っているフタトゲチマダニに噛まれないこと

 

厚生労働省では対策

@ダニが生息する草むらや藪には近寄らない
A屋外では帽子・首まで覆う長袖の上着・長ズボン・足を完全に覆う靴などを着て肌の露出を少なくする
B家に帰宅後はマダニに噛まれていないかを確認する
C吸血中のマダニを見つけたら病院で処置してもらう

 

 

フタトゲチマダニの動画

スポンサードリンク

ノンストップ!感想