美の栄冠!ミス日本鈴木恵梨佳さん密着!グランプリまでの道!美容法。山崎アナもミス出身?:ここカラ



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

美の栄冠!ミス日本鈴木恵梨佳さん密着!グランプリまでの道!美容法。山崎アナもミス出身?

2013年度ミス日本グランプリ決定コンテスト

 

鈴木恵梨佳さんがグランプリに。

 

 

これまで、藤原紀香、山本富士子、西川史子など輩出している

 

今回の2825人の中からファイナリストは12人

 

1、安田衣里(24歳)
2、福永直子(22歳)
3、竹上萌奈(20歳)
4、渡辺けあき(20歳)プロボウラー
5、横山林沙(21歳)
6、中村杏奈(22歳)東大生
7、稲田舞子(22歳)
8、古賀ゆかり(21歳)
9、井波紗友里(24歳)アナウンサー
10、小峰玲奈(23歳)
11、鈴木恵梨佳(22歳)
12、村上志麻子(21歳)

 

約半年にわたる勉強会、能、茶道、ウォーキング、などが行われ、
グランプリ決定コンテストが行われた

 

詳細は続きから

グランプリ鈴木恵梨佳さんに密着!グランプリに選ばれるまで。

 

鈴木恵梨佳さん(22歳)
日本大学在学中
身長169cm・49キロ
スリーサイズB83、W57、H87
趣味、着物
特技、クラシックバレエ
座右の銘「ご縁を大切に」
目標とする人 梨花

 

 

先週土曜日

 

鈴木「おばあちゃん家の方にこれから行きたいと思います」

 

大会前祖父母の家を訪問

 

祖母「びっくりしましたね、ウソって言っちゃいました」

 

保育士の母は多忙で祖父母が恵梨佳さんの面倒を見てきた
祖母は服飾関係の仕事をしていた
恵梨佳さんの節目節目で洋服を作ってくれた

 

前夜祭で恵梨佳さんが着る黒のドレスを祖母が作ってくれた

 

翌日ファイナリストが着るドレスは自分で用意しなくてはならない

 

恵梨佳さんは黒のドレスにあしらう装飾品をおばあさんにつけてもらった。

 

 

祖母「普通のおばあちゃんじゃ味わえないことをさせてもらったと思ってる
   この子のおかげでいろんな夢を見させてもらった」

 

 

最終審査前に行われる前夜祭激励会と呼ばれるパーティー

 

歴代のコンテスト受賞者や著名人が来る華やかなパーティーだが

 

実はここで覆面審査が行われている。

 

 

控室ではファイナリストが緊張した面持ちで待機していた。

 

鈴木恵梨佳さん
「今までやってきたのを見ていただければ
 緊張して真っ白になっちゃったりとかそういうのがなければ
 自分で楽しめれば一番いいと思って」

 

覆面審査のチェックポイント

 

服装やメイクのセンス、社交性

 

鈴木恵梨佳さん
「今日は緊張していたんですけど
 皆さんの顔を見ながらできたような・・・」と笑顔でお話し。

 

今はなしている人が審査員かもという緊張感の中でも笑顔で対応
ミス日本になるための素養!

 

 

 

最終審査当日

 

Q昨日は眠れましたか?

 

鈴木恵梨佳さん
「浅い眠りでした・・・」

 

 

着物、水着、ドレスでの審査

 

鈴木恵梨佳さんのウォーキングで、何とまさかのノンストップ!ポーズ!?

 

 

 

審査員からの無茶ブリな質問も飛び出す

 

Q白い足袋についてどう思いますか?

 

鈴木恵梨佳さん
「私は今、自分の白い足袋を見て家にいる祖母のことを思い出しました
 年始に着物を着る機会があったのですが、
 その時ついていたはずの汚れが、昨日見た時にはとてもきれいに祖母が落としてくれていました
 行ってらっしゃいと声をかけてくれた祖母の顔がふっと浮かんでとても心強い気持ちです」

 

設楽「すばらしいね」

 

 

そしてグランプリ受賞。スポニチ賞とダブル受賞。

 

すぐに祖母に電話する母
「祖母も喜んでいました。え〜!なんて声裏返っちゃって
 血圧あがっちゃったらどうしよう」

 

 

Qこの喜びを誰に伝えたいですか?

 

鈴木恵梨佳さん
「応援してくださった皆さんと
 家で待っている祖父と祖母に・・」

 

設楽「んーいいですね。大変なんですね」

 

 

スタジオにミス日本グランプリ生出演!

 

設楽「おめでとうございます」

 

鈴木「ありがとうございます」

 

設楽「どうですか、選ばれた瞬間」

 

鈴木「びっくりしてしまって。まだ夢の中みたいで」

 

 

 

佐野アナ「これがミス日本になって初めての仕事という」

 

設楽「生放送も初めてで」

 

鈴木「はい」

 

設楽「みんな見てますよ〜」

 

(笑)

 

 

設楽「昨日はおばあちゃんには伝えたんですか?」

 

鈴木「昨日はずっと取材で、まだ家には帰ってないんです。電話で話はしたんですけど」

 

 

設楽「あの審査の方法地獄ですよね」

 

リリコ「日本を代表しなくちゃいけないからね、ここから毎日だからね」

 

(笑)

 

設楽「西川先生もここからです、フォトジェニック賞ですけど、ああいう感じのどぎつい人になっちゃう場合も」

 

小藪「だからフォトジェニック賞なんでしょう」

 

(笑)

 

小藪「質問も、白い足袋どう思いますって」

 

設楽「あれ100点の答えだね。おばあちゃんのおかげだね」

 

鈴木「はい」

 

 

 

設楽「水着審査の時のやつはノンストップポーズなんですか?」

 

鈴木「そうです」

 

設楽「えー!やってくれたんですか?」

 

鈴木「最後にびしっと決めるポーズが欲しかったんですけど、
   密着していただけるということで丁度びしっと決めることができて。ありがとうございます」

 

 

大学でチェーンそうで木を切っている写真

 

設楽「全然イメージ違う」

 

 

ミス日本鈴木恵梨佳さんの美容法

洗顔はオリーブオイルと蜂蜜

 

鈴木「オリーブオイルはメイク落としに使っていまして
   はちみつは石鹸の泡立ちをよくするために使っています」

 

 

山崎アナもミスコン出身!

 

ミス倉敷小町時代の山崎アナ(当時20歳)

 

スタジオ「え〜?お〜?え〜?」

 

設楽「山崎さんもミス?」

 

山崎アナ「そうです。大学時代にミス小町という親善大使を務めておりました」

 

佐野アナ「将来を予想してか、こんなポーズをとっています」

 

ノンストップポーズの山崎アナ(ミス小町)

 

(笑)

 

設楽「気合の入ったノンストップポーズだ!は〜どっこい!」

 

山崎アナ「ダンスサークルに入っていまして、その時のポーズでノンストップポーズがありまして
     見事合格しました」

 

(笑)

 

小藪「ダンスサークルはいってたって言いますけど、この前ダンスの時めちゃ下手でしたよ」

 

(笑)

 

ミス日本鈴木さんと山崎アナ(ミス小町)のノンストップポーズ比較

 

山崎アナ「ほぼ一緒ですね」

 

設楽「全然違いますね」

 

(笑)

 

設楽「ミス日本は約3000人中の1人だけど、ミス小町は?」

 

山崎アナ「30人中3人です」

 

設楽「なるほどね」

 

(笑)

 

 

ミス日本鈴木恵梨佳さん将来の目標

 

鈴木
「これからも植物を使った作品を作っていきたい
 モデルとしても活動しているので、自分の作品を残していきたい」

 

設楽「中身、性格がいいんでしょうね。人を見られてるから。」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想