日本の歌がうまい外国人歌手クリス・ハート(28歳)大ブレイクの秘密:イマ人☆エグリダスエンタメ歌手|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

日本の歌がうまい外国人歌手クリス・ハート(28歳)大ブレイクの秘密:イマ人☆エグリダス

クリス・ハート(28歳)

 

去年放送の外国人が日本の歌を歌う番組で優勝

 

 

翌日、木山裕策「home」が音楽配信サイトで1位を獲得大反響となった

 

それを受けプロデビューを果たす

 

J−POPカバーアルバム「Heart Song」

オリコン週間ランキング3位

 

セールス15万枚突破

 

ライブでは観客が感動して涙する。

 

 

 

各メディアがこぞって特集しているがどこに書かれている文字も「日本マニア」

 

外国人なのに日本のことが大好き

 

 

詳細は続きから

スタジオ生出演

 

クリス「おはようございます」

 

と老舗和菓子を配り「お持たせです」と説明するクリスハート

 

清寿軒、人形町にある和菓子屋さんの小判どら焼き168円

 

設楽「スゲーなー」

 

山崎アナ「最近ちゃんとお持たせするかたって少ないですもんね」

 

設楽「いやいないな、なかなか」

 

井戸田「IKKOさんくらい」

 

設楽「あと国生さんくらい」

 

(笑)

 

設楽「すいませんありがとうございます
   でもこれだけでほんとに日本が好きか、我らは・・
   我らはって、こっちが日本語がおかしくなっちゃう」

 

(笑)

 

山崎アナ「今日はエグッテ行こうと思います。クリスさんよろしくお願いします」

 

 

 

クリスハートさんの仕事に密着

 

TOKYO FM「Blue Ocean」
月〜木9:00〜11:00
パーソナリティ住吉美紀(40才)

 

ゲスト出演、

 

生放送で何曲かアカペラで歌うクリスさん

 

クリス「楽しかった。いつも勉強になります
    外国人としていろんなところに行って
    いろんな人に出会って本当にそういうチャンスが
    日本語の勉強とか文化の勉強とか全部うまく行ければなと思う」

 

 

エグリQどんな昼食をとるんですか?

 

クリス「幕の内弁当です
    お弁当がオシャレで大事なものが全部入ってますので
    一番ベストじゃないですかね」

 

スタッフ「箸の使い方もうまい」

 

クリス「いや、うまくないけど、普通に使っている感じかな」

 

実家のベビーシッターが中国人だったため箸は3歳のころから使っている

 

クリス「味で言えばやっぱり日本のモノの方がいい
    アメリカのものはソースをかけないとそんなに味がない
    日本のものはそのままでおいしい」

 

本当に日本料理が好き

 

 

 

エグリQ、日本語の文章は書けるのか?

 

ブログは日本語で書いている

 

試しに手書きの文章をお願いすると・・・

 

かなり上手にかけている

 

設楽「漢字もいけるんだ」

 

 

日本語は歌詞カードを見て勉強したそう

 

その結果

 

クリス「帰ったら大変、英語が普通に出ないし
    たまにお母さんにも日本語でしゃべっちゃって
    日本語分かんないので英語でお願いします。みたいなこと言われる」

 

(笑)

 

 

 

アメリカ大使館へ移動

 

7月4日はアメリカ独立記念日

 

セレモニーに参加する

 

クリス「これからアメリカと日本の仲がいい感じで一緒にコラボって言うか
    いろいろできたらいいなと思うので
    そんなにできることがないけど歌しかできないので
    そこで頑張りたいなと思います」

 

 

日本好きアメリカ人として日米友好の懸け橋になれるか

 

日米両国の国歌を独唱

 

見事に歌い上げた!

 

 

設楽「どうでした」

 

クリス「こわかった。一番ドキドキしたんじゃないですかね」

 

在日アメリカ大使館で歌うのは男性アーティストでは初めてのことだった

 

 

スタジオトーク

 

 

設楽「日本の曲をたくさんうたわれていますが、意味が分からないこととかはどうするんですか?」

クリス「たまにそういうことがあって、調べて、自分の中でストーリーを作って」

 

設楽「調べて勉強して」

 

クリス「ちゃんとメッセージを伝えないと歌えないから」

 

 

山P「僕ダウンロードしましたよ、テレビで見て聞きたいなと思って」

クリス「ありがとうございます」

 

山P「28歳なんですよね、僕も同い年なんで」

 

スタジオ「おお〜!」

 

設楽「同級生!」

 

井戸田「敬語じゃなくていいんじゃないですか?ため口で」

 

クリス「いやもう」

 

(笑)

 

 

 

設楽「クリスさんは好きな日本語は?」

クリス「あります。”しかたない”」

 

設楽「仕方ない?なんでですか?」

 

クリス「英語にはそういう言葉ないし、日本に来た時にできないことが多くて
    でも、外国人なんだから仕方ないよって、マイナスなイメージもあるんですけど
    でも仕方ないから頑張ろうって思ったんです」

 

春菜「実は前向きな言葉なんですね」

 

 

設楽「嫌いな日本料理とかありますか?」

 

クリス「逆に好きになるまで食べるタイプだから」

 

(笑)

 

クリス「いやだったらもっと食べて、癖になる。納豆とか好きになりました。」

 

井戸田「好きなものは?」

 

クリス「ありすぎる。最近ウニとかいくらとか」

 

設楽「単価が高い」

 

(笑)

 

 

 

設楽「英語を忘れちゃう?」

 

クリス「4年ずっと日本語なので、YESって言うところで大きな声で”はい”って言っちゃって
    すっごい恥ずかしかったです」

 

設楽「それはしみついてますね」

 

クリス「結構通訳できない言葉があるので”微妙”とか聞いたらすぐわかるよね
    英語にそういう言葉がないから」

 

井戸田「日本語はYES、NO以外の間の言葉が多いから」

 

 

 

設楽「ラジオでJPOP歌ってましたが」

 

クリス「12歳の時からJPOP聞いていたので」

 

井戸田「12歳のころはどちらに?」

 

クリス「アメリカに」

 

井戸田「アメリカにいてJpop聞く機会があるんですか?」

 

クリス「日本人向けのテレビ局でJpop流していたので
    その時は歌詞わからなかったのに、聞いてなんとなく内容がわかりました」

 

スタジオ「へ〜」

 

クリス「おとなになって聞くとまた感謝の気持ちが入ってきてよりわかるし好きになる
    それがJpopのいいところだと思う」

 

山崎アナ「ひとつひとつの言葉の重みが違いますものね」

 

設楽「僕もボウイを大人になって聞いたら違う」

 

春菜「違います?」

 

設楽「うん」

 

(笑)

 

設楽「数をこなすのとモテてるのは違うんだぜってあのころは分かんなかったもん」

 

(笑)

 

 

下町、人形町、来日してから2年暮らした街

 

サラリーマンとして働きながら地道に音楽活動を続けていた

 

当時行きつけにしていた寿司屋さん

すしの江戸久 日本橋人形町店

 

板前、菊池恵太さん

 

板前さん「有名になっちゃって」

 

クリス「そんなことないよ」

 

(笑)

 

大好きなカマトロ丼

 

クリス「落ち着くね
    今の作ってるところも見るだけで安心する」

 

板前「本当に日本を愛しているというかありふれたフレーズですけど
   日本人より日本語が流量とか礼儀とかもすごくわかっていて」

 

クリス「挨拶が大事だね」

 

 

 

 

行きつけのバー

 

サロンゴカフェ

 

久しぶりの再会

 

櫻井修一さん佳子さん

 

「うちも最近ライブやってるから今度歌ってください」

 

クリス「いやもう頑張ります」

 

 

クリス「下町は人があったかい
    そういう文化がもっと東京中に増えたらいいと思う」

 

 

クリスの自宅へ

 

クリス「妻の瞳です」

 

奥さんは日本人

 

去年11月に結婚

 

大阪出身福永瞳さん

 

彼女はクリスとは逆に英語の歌を歌い海外での活動を目指すシンガーソングライター

 

 

Q逆だったら簡単なのでは?

 

瞳さん「あ、でもそれだったら面白くないんちゃう?なぁ?」

 

クリス「当たり前すぎるね
    外国のことが好きだからこそ周りの人が理解できないから
    お互いそういう気持ちが一緒だから理解できて一緒に頑張れるかなと」

 

 

エグリQ日本人の女性と結婚する気だった?

 

クリス「そこまで考えてなかった
    絶対に日本人と結婚したいって気持ちより
    自分にあってる人だからこそ結婚しました
    日本人じゃなくてもこういう人だったら結婚する・・絶対」

 

えぐったらオノロケが出てきた!

 

(笑)

 

 

 

家にある日本にまつわるものを見せてもらっていると

 

日本語の参考書や

 

13歳の時に書いた日記を見つけた

 

 

その中には当時茨城県新治村(現在合併で土浦市)にホームステイした時のことが書いてあった

 

スタッフ「読むと思いだすんですか?」

 

クリス「そう思い出す。いろいろ。本当に幸せな時間だった
    早く日本に帰りたいなあって書いてある」

 

スタッフ「うちはアメリカなのにね」

 

クリス「日本の方がいいよってそっちの方が絶対いい、できる限り早く帰りたいって」

 

 

 

クリスにとってのhomeとは?

 

クリス「ずっと探した。やっぱり二人で家族を作って、そういう安心なところ
    homeを作れば、そこがhomeです

 

    日本が好きだけど、外国人だし
    黒人だから それを忘れずに

 

    そういう強さを使って
    日本のことを大好きになって
    力になりたい」

 

 

スタジオで生歌披露

 

♪home

 

設楽「めちゃめちゃ感動した」

 

山P「感動しました。すごい良い日になりそうです」

 

 

 

クリス・ハート全国ツアー

 

「こころのうた2012〜HeartSong〜」
10月3日〜25日Zepp

 

 

 

クリスハートさんありがとうございました。

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想