市川海老蔵「涙出た」父團十郎さんと最後の親子映画共演秘話エンタメ歌舞伎|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

市川海老蔵「涙出た」父團十郎さんと最後の親子映画共演秘話

4月16日 市川海老蔵ブログ
父との共演
最後の共演でした
本当にありがたかったぁ
父に会いたい

 

およそ3ヶ月前のブログに
市川海老蔵さんの溢れる思いが綴られていた

 

昨日、

 

映画「利休にたずねよ」の完成報告会見が開かれ

 

主演の歌舞伎俳優 市川海老蔵さん(35)が登場し
作品で共演した父親の話をした

 

 

詳細は続きから

海老蔵「撮影している時は父の体調は悪かったですね
    父としてはコンディションは良くなかった
    もしかすると、やっている時に
    この映画が公開するときに自分の命があるかないかってことを
    いささか認識してたんじゃないかなと」

 

今年2月に亡くなった 十二代目 市川團十郎さん(享年66)

 

今回の作品映画「利休にたずねよ」は
最初で最後の親子の映画共演作品となった

 

この映画は茶人千利休の生涯を描いた作品
ここで二人は
海老蔵さんが茶人 千利休 役
團十郎さんが千利休の師匠 武野紹鴎 役
と師弟関係を演じた

 

海老蔵「武野紹鴎と与四郎
    もしくは團十郎と海老蔵
    師匠であり倅という関係性がね
    やはり父でなきゃダメだろうし」

 

中でも海老蔵さんの印象に残ったのは父の普段とは違う姿だったという

 

海老蔵「父が紹鴎をやる時に 家に呼ばれて
    引き受けてましたみないな「出させていただきます」と
    そんなうようなことを言うんですね
    なんという方なんだろうな
    我々の場合は敬語ですし、距離もありますし、師弟関係もありながら
    「今回はあなたが主役ですから私は出させていただきます」と」

 

 

そこには師匠ではなく父としての團十郎さんの姿を見たという

 

 

海老蔵「父は武野紹鴎の資料を山のように積んで
    3、4シーンであるにもかかわらずこのぐらいの量の資料を読んで
    ああだのこうだのかなり役作りして
    このシーンは、利休はこうさせなきゃいけない
    与四郎はこうさせなきゃいけないと
    随分前からいってましたね
    武野紹鴎であり市川團十郎であり
    父は言葉では言い表せないものがありました」

 

と言葉に尽くせぬ思いをかたった

 

 

海老蔵さんのブログには

 

待っててくれた
有難い
親父
お辞儀してるの私
プライベートと変わらず映画の中でも父にお辞儀
懐かしい

 

と綴っていた

 

映画「利休にたずねよ」12月7日(土) 全国東映系で公開

スポンサードリンク

ノンストップ!感想