R-1ぐらんぷりキンタロー。に独占密着!芸歴1年で決勝・・緊張舞台裏エンタメ、ゲスト|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

R-1ぐらんぷりキンタロー。に独占密着!芸歴1年で決勝・・緊張舞台裏

R−1グランプリ2013
今年は過去最多の3684人がエントリー

 

12人のファイナリストが選ばれた

 

中でも注目がキンタロー。(31歳)

 

元AKB前田敦子のものまねで人気急上昇中

 

芸歴一年目で決勝進出の異例の新人

 

 

ノンストップは独占密着!

 

本番前のアクシデント、ライバルとの熾烈な戦い、秘められた思い・・・

 

 

詳細は続きから

オープニングトークに登場

今日は特別バージョン!ゲストにキンタロー。登場

 

キンタロー。「ありがとうございました。R−1優勝しました!」

 

藤本「してないって!一回戦負けてた!」

 

(笑)

 

金「私今日初めて見た。だれ?」

 

(笑)

 

設楽「キンタロー。ですよ」

 

キンタロー。「きんきんです」

 

藤本「きんきんだと愛川欣也さんになるから」

 

(笑)

 

 

設楽「忙しい中きてくれて!実はちょっと前から密着しててR−1に向けて。
   てっきり優勝するかと思って密着してた」

 

(笑)

 

キンタロー。「期待にそえずほんとに申し訳ありまフライングゲット」

 

藤本「そしてヘビーローテーション!」

 

(笑)

 

設楽「よ!ガヤ王!ガヤ王!」

 

藤本「絶対やってやろうと思って!」

 

 

藤本「いや顔でかい!」

 

キンタロー。「藤本さんに言われたくないですよ!」

 

藤本「俺の持ち味が薄まるのよ〜」

 

設楽「すごい2ショットだな!」

 

 

設楽「山崎さんがスタイルよく見えますよ」

 

(笑)

 

 

 

キンタロー。に密着!

 

昨日午前11時、本番8時間前

 

Q昨日は寝れましたか?

 

キンタロー。
「地面で寝ちゃいましたね。床の上で気づいたら」

 

緊張で寝不足

 

「足をずっと守って踊ってたんですけど
 やってはいけない足型をしてしまって
 足をいためました」

 

踊りすぎて負傷

 

しかし今一番勢いのある芸人、弱音を吐いている暇はない

 

 

 

Q目標は?

 

「優勝、そしてスギちゃんと接戦を繰り広げる」

 

キンタロー。VSスギちゃんの売れっ子対決

 

しかも初戦での直接対決

 

 

 

勝負服は赤

 

ゲン担ぎの赤いインナー!

 

選択が間に合わず濡れたまま持ってきた

 

ブラジャーも赤!

 

 

 

 

一人前の芸人になるまでは父親に報告しないと決めていた

 

「お父さんにそろそろ報告しようかなって
 芸人になったって知らなくて、まだ名古屋でOLやっていることになってるんですが
 ここ(決勝)に行ったら報告しようかなと」

 

 

優勝して父親に報告したい

 

 

 

 

 

R−1で勝ち抜くと披露するネタは最大2本

 

決勝用に初披露のネタを用意

 

 

 

リハーサル

 

ネタ時間はそれぞれ3分

 

スタッフ「3分20秒」

 

キンタロー。「あ、ちょっとオーバーしてました、多少削って」

 

急きょネタの構成を変えることに!

 

 

Q20秒削るの大変ですか?

 

「今の受け具合を見て削ってもいいかなってセリフはありますね」

 

 

ここで違う番組のためすぐ移動

 

 

 

芸人になる前は何をしていたのか?

 

社交ダンスの講師!

 

関西外語大学の部活で社交ダンスを始める

 

大学卒業後、不動産会社の事務

 

 

しかし小さい頃からの夢だった芸人に30歳でデビュー

 

2012年12月27日「とんねるずの皆さんのおかげでした年末超特大4時間半SP」

 

細かい描写と切れのあるダンスが話題に

 

一躍時の人に!

 

 

その勢いのまま笑いの天下をとるためR−1ぐらんぷりに挑戦!

 

 

 

R−1の楽屋

 

宿敵スギちゃん!

 

スギちゃんの元へ・・・宣戦布告か?

 

キンタロー。「おはようございます」

 

そっけないあいさつで終了

 

 

 

ここでキンタロー。誰かに電話

 

「ネタの相談をしたんですけど・・」

 

相手は芸人の先輩

 

「たかみなさんをやったんですけど、芹那さんに戻した方がいいんじゃないかという」

 

ものまねを録音し、客観的に判断

 

 

マネージャーと時間をとりつつネタ構成を考えるが

 

本番が始まってしまった!

 

 

準備もままならぬままスタジオへ

 

生放送の経験が程んどないキンタロー。

 

舞台そでで緊張で手が震える

 

ぎりぎりまでネタの流れを確認

 

あっちゃんの本を取出し神頼み

 

「頑張ってね」(自分であっちゃんの声)

 

舞台に立つ前「やだやだやだ」と声を出す

 

 

キンタロー。舞台へ

「私のことは嫌いでも本物の前田敦子のことは嫌いならないでください!」

 

3分以内に収まり無事に舞台終了

 

 

 

終了後

「はあ、一瞬で終わってしまった・・」

 

「3分という戦いの尺を気にしすぎてしまった
 巻いて早口でしゃべってしまった。本来ならもうちょっとゆっくりやりたかった
 会場を味わうという意味でも。はい。」

 

結果は初戦敗退

 

 

R−1ぐらんぷり11代目王者は三浦マイルドに決まった

 

 

キンタロー。「やっぱりくやしいですね。自分が未熟なので、この結果ですけど」

 

 

Qお父さんに報告は?

 

キンタロー。「まだ言えないかな
        自分なりに納得してお父さんに行っても安心してもらえるって言う風になったら言えるかな
        まだ不安にさせる要素があるかなと思うので・・・」

 

 

Q今後の目標は?

 

「徐々にカツラを脱いでいくということじゃないかと
 身一つで笑いをとっていけるようになっていきたい」

 

 

キンタロー。の勢いはノンストップ!

 

 

設楽「自分でVTR見てどうですか?」

 

キンタロー。「鼻がすごい低くてビックリしました」

 

(笑)

 

設楽「鼻だけの問題じゃないと思う」

 

藤本「パーツ全部よ」

 

(笑)

 

金「前田敦子さんだけに似てるのかと思ったらいろんな顔でみんなに似てる」

 

 

 

 

キンタロー。の半生

 

Q笑いに目覚めたのは?

 

小学3年生でダンスを披露しうける

 

→以来う○こを連発

 

 

Q挫折

 

中学になったら下品すぎると仲間外れに

 

→お笑いの方向性を反省

 

 

 

関西外国語大学に入学
ダンス部で活動→社交ダンス全国4位

 

吉本興業のオーディションに合格→ダンスに専念するため辞退

 

 

 

Q就職

 

不動産会社の事務員
社交ダンス講師

 

 

Q転機

 

結婚式で余興→大学の先輩の一言で目が覚める

 

「とっくにそっち(お笑い)の世界に行っていると思ってた」と言われズキュンと来る

 

 

Q芸人デビュー

 

2012年4月松竹芸能に所属

 

 

社交ダンスをスタジオで披露

 

テレビ初披露!

 

設楽「切れ凄いですね」

 

設楽「今日いつ踊ってって言うかわからないから」

 

キンタロー。「楽しみにさせて頂きます」

 

(笑)

スポンサードリンク

ノンストップ!感想