森三中大島妊娠活動休業・夫鈴木おさむの胸中は?エンタメ芸能人妊娠・出産|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

森三中大島妊娠活動休業・夫鈴木おさむの胸中は?

先週金曜日
お笑い芸人の
森三中 大島美幸(34)が
5月から妊娠活動休業(妊活休業)を取ることを発表した

 

妊活休業とは
妊娠するために技能活動を休業すること

 

そして、
ノンストップファミリーで
大島美幸の夫
放送作家
鈴木おさむ(41)に直撃

 

そこには、お笑い芸人と放送作家の確固たる決意があった

 

詳細はつづきから

大島は2007年結婚6年目で第一子を妊娠
妊娠は公表されず、赤ちゃんに影響のない活動をしていた

 

しかし、これに対して夫鈴木おさむは
「やっぱり芸人でやっている以上
 もう120%の力でやるべきだし
 赤ちゃんができたってところから例えば明日の仕事を休みたいとか
 来週のロケを休まなきゃとか
 森三中の黒沢と相撲をやるにしても黒沢が力を弱めて相撲をする
 それがどうかなって思ったんですね」

 

だから、芸人として力を出し切れないのなら休んだ方がいいのでは?と思っていた

 

そして、2008年4回目の妊娠検診で
赤ちゃんの心臓が動いていないと告知され流産

 

これに対して、二人の考えは大きく変化した

 

鈴木おさむ
「そうゆう話はよく聞くけど
 「まさか自分たちが・・・?」と思っていて
 赤ちゃんができれば絶対生まれてくるもんだって思っていたんですけど
 決してそうではないということに気付くことができました」

 

そして、その後大島美幸はより体をはった芸風に力を入れた

 

鈴木おさむ
「「あの時があったからこそ体をはって芸人として頑張る」と言っていたから
 本当にあそこから体を張り始めたんですよ
 さらにまた
 すごくやっぱり女芸人として女としてかっこいいなって思っていた」

 

しかし、子供が欲しいという思いは無くなっていなかった

 

大島美幸
「私は「目指せ!女ダチョウ倶楽部」なので
 (休むか休まないか)どっちかかなと思って
 100%の力で芸人をやりたいし私は仕事柄体を張ることが多いので
 「このお母さんにはちょっとこれないかな」と赤ちゃんが思っているんじゃないかな?」

 

そして2012年結婚11年目で
夫 鈴木おさむに妊娠活動休業を提案

 

鈴木おさむ
「前は「何だよ!」と思っていたんですよ
 子供を作るのに1年間仕事をしないとか
 「なんで?仕事をしながらやればいいじゃん」って思っていたんですけど

 

 「なるべくもう奥さんにあの時と同じ涙を流してほしくないな」って気持ち
 あの時にすごく苦しんだし悲しんだし
 結果どうなるかわからないけど
 2人でできるきることがあればなるべくアシストしたい
 まず時間をつくり
 ゆっくり向き合ってみることが大事かな?」

 

大島美幸さんは
5月の収録を最後に
妊娠活動休業に入る

 

鈴木おさむ
「うちの妻も女芸人になったからには生き方も含めて
 一度芸人になったら死ぬまで芸人だと思うんですよ
 芸人大島美幸がお母さんになることにチャレンジして
 結果どうなるかわからないです
 どうなるか分からないけど
 生き方を見せてほしいな
 でも、妊娠活動するからって硬くならずリラックスして
 多分、辛いこともあるかもしれないけど
 僕らしかできない方法で前向きにやっていこうという気持ちです
 是非設楽さんにも応援していただきたいと思っております」

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想