小山明子涙の会見!スタジオで神田うの大島渚監督を語るエンタメ芸能人訃報|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

小山明子涙の会見!スタジオで神田うの大島渚監督を語る

東京都豊島区
昨日午後9時半過ぎ

 

大島渚監督の妻、小山明子さん(77)

 

大島渚監督の最後はもうお話しできる状態ではありませんでした
でも、帰る時はパパ明日来るからねが最後の挨拶でした

 

小山明子さんは1996年大島渚監督が脳出血で倒れた時から
介護に専念するため女優業を休業していたが
昨日は18年ぶりの舞台「女のほむら」に出演し

 

公演終了後報道陣の取材に応じました

 

詳細は続きから

小山明子

 

長い闘病でしたけど
確かに不幸なことです
でも人生にとって誰だって辛い時期はあるし
私達もそういう介護の時期を迎えて
その中で私なりに今日一日をどうやったら幸せに生きられるか考えて
そういう意味では充実していたと思います

 

Q.今一番の思いだされる言葉は?

 

大島監督は私に
「何も余計な事をしないであなたはいつも自分の素のままでいなさい」
彼のいつも私に対する「素直な心」という言葉

 

Q.大島監督からのお礼の言葉は?

 

はじめのうちは「ありがとう」と彼は言ってくれたんですけど
そのうちなかなか「ありがとう」は出なくなりました
最後の方で「ありがとう」と言ってくれた時はうれしかったです

 

Q.大島監督に声をかけるとしたら?

 

ご苦労様ですね
長い間不自由な生活をしましたから
これからは好きなお酒も飲めるでしょうし
病気のことも心配しなくていいと思っています

 

 

スタジオで

 


神田うの
御法度にワンシーンだけセリフもなしで出演しているんですけど
当時、バラエティーなどで御一緒させてもらって
キャピキャピだった私を気に入って下さったみたいで
今度映画を撮るから、うのちゃんのオーラだけでいいから花を添えて
という事で、花魁としてワンシーンだけ登場しました

 

設楽「僕的には大島渚監督には怖いイメージがありますが」

 

神田「全然怖くない、すごく優しいですよ」

 

神田「私の結婚式にも闘病中だったので来られなくて
   奥様の小山明子さんだけいらしてもらったんですけど
   その時、監督からのお手紙を貰って
   結婚おめでとうってすごく喜んでもらって」

 

 

大島渚監督の通夜は21日

 

葬儀・告別式は22日築地本願寺で行われるという事です

スポンサードリンク

ノンストップ!感想