男なのに芸者!栄太郎さん日本で唯一の女形芸者独占インタビュー|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

男なのに芸者!栄太郎さん日本で唯一の女形芸者

スペシャルゲスト:まつ乃家 女将 栄太郎

 

日本で唯一の女形芸者

 

設楽「いいんですか男の人でも?」

 

栄太郎「いろいろあるんですけど
    小さいころからやらさせていただいているのでそのまま」

 

設楽「お気持ちは?」

 

栄太郎「男性です」

 

栄太郎さんが芸者になった理由をひも解いていきます

 

 

詳細は続きから

大田区大森
お客さんの前で妖艶な舞を舞う芸者
品川大井海岸まつ乃家 二代目女将 栄太郎

 

日本唯一の女形芸者

 

今、海外から大注目の芸者

 

 

栄太郎さんが住むのは南大森の1LDKマンション

 

そこは自宅兼置屋だという

 

置屋とは
芸者さんが化粧をして着替えてお店に行く場所

 

 

大井海岸には最盛期には400人以上の芸者がいた花街だったが
花街の要だった「見番(けんばん)」という制度が廃止され
今では芸者が激減して花街は崩壊状態になった

 

そんな中花街の復興、芸者文化の継承のために奮闘している

 

栄太郎さんの仕事は
芸者の育成のみならず
宣伝や営業、会計まで何でもこなしている

 

 

花街で男が女将になる前例はなく
栄太郎さんも基本的にはダメだと思っているという

 

しかし、一度花街として機能を失った街だからこそ
新しい芸者の形を作り上げることが出来ると奮闘している

 

 

まつ乃家女将 栄太郎(27)

 

本名は広瀬永之介
初めてお座敷に上がったのは10歳の頃

 

きっかけは初代女将で母親のまり子さんの一言だった

 

栄太郎「最初はゲーム機買ってもらったら何回お座敷に出るとか
    そういう提案からお座敷に上がりました」

 

栄太郎さんはなぜ今も女形芸者を続けているのか?

 

栄太郎「運動はダメ、足も遅い、頭がいいわけでもないのでこれしかない」

 

と女形芸者の道しか残されていなかったという

 

 

栄太郎さんの母親まつ乃家初代女将まり子さんは
2002年 子宮頸がんが発病し
治療しながらお座敷に上がり続けた

 

そして2009年9月享年47歳で亡くなった

 

悲しみの中栄太郎さんは23歳という若さで2代目女将となった

 

 

佐野アナ「どうしたら、女らしく振舞えるんですか?」

 

栄太郎「心は男なので自分の理想の女性を演じるのが近道だと思っています」

 

大吉「お酒が入ると男に戻ったりしないですか?」

 

栄太郎「お座敷に上がっていると、踊っている時は緊張しているので大丈夫ですが
    歩いている時が一番難しいですね」

 

 

栄太郎さんに残した母の教え

 

職場恋愛禁止

 

人間関係を壊す一番の近道が男女のいざこざだと思うので

 

ピンチこそチャンス

 

母は具合が悪くなったのをきっかけにテレビなどに取り上げていただき
それをいいように利用して最大のチャンスにした
前向きな考え方

 

 

 

スタジオで舞を披露

 

スタジオ「キレイ」

 

栄太郎「ぜひ皆様遊びに来てください」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想