蜷川実花のスマホアプリが世界的にヒット、日常世界がアートに大変身独占インタビュー|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

蜷川実花のスマホアプリが世界的にヒット、日常世界がアートに大変身

何気ない日常の写真をアートな写真に変える
まるで魔法のようなスマホのカメラアプリ

 

「cameran(カメラン)」

 

蜷川実花の世界観を実現、成長するカメラアプリ

 

現在スマホのみだが無料で使用できる。

 

 

アプリのアップストアでは先週150万ダウンロードを記録
先日すべてのアプリ総合で1位を獲得
さらに海外、台湾、香港などでも1位になり世界的大ヒット

 

 

詳細は続きから

このアプリを作ったのは
蜷川実花 【40)
原色鮮やかに使うフォトグラファーで
映画監督も行っている

 


「さくらん」
花魁の世界を赤を基調として、ゴージャスかつビビットに表現

 


「ヘルタースケルター」
全身整形アイドルを熱演したエリカ様を煌びやかな世界で包み込んだ

 

 

そんな、蜷川実花に独占インタビュー

 

すごくうれしいです
マル秘事項といいますかこうすると
「ぽくなりますよ」みたいなことを
本当にふんだんに詰め込んだので自分でもよくできたなと思います

 

 

スマホのカメラアプリ「cameran(カメラン)」では
花や蝶など10パターンのフレームと11種類のフィルターがあり
写真の明るさ、彩度、コントラストも自由に変更できる

 

 

昨日12月19日から開催している写真展
蜷川実花展では人物は一切飾らず、
動物や風景のみ23作品を展示している

 

蜷川実花展
会場:8/art gallery/tomio koyama gallery
会期:12月19日〜1月14日
営業時間11時〜20時

 

 

Q.蜷川ワールドの神髄は?

 

花だったらすぐ枯れてしまったり
綺麗な青空だなと思ったらどんどん変わっていくので
止められない時を止めるのが写真のおもしろさ

スポンサードリンク

ノンストップ!感想