独占取材女性セブン50年史今明かされるスクープの裏側【美空ひばり最期のメッセージ】独占インタビュー|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

独占取材女性セブン50年史今明かされるスクープの裏側【美空ひばり最期のメッセージ】

恋多き女性松田聖子さんについて

 

若乃花の離婚問題について

 

など様々なスクープをしてきた女性セブンにインタビュー

 

「女性セブン」川島雅史副編集長

 

 

詳細は続きから

 

不死鳥美空ひばり肉声取材

美空ひばり最期のメッセージ

 

遺言のように綴られた闘病物語

 

50年で最高売上部数を記録

 

「これはなくなるまでのひばりさんの本当の気持ちを
 赤裸々に語っていただいた記録ですね」

 

マスコミはシャットアウトして
ハワイでひっそり療養していた美空ひばりさん

 

独占インタビューに至るまではたぐいまれなる努力があったという

 

「毎日ひばりさん宛てに熱意のこもった手紙を書いてそれを毎回おいて置く
 それを一週間続けてずっと待ってるんです

 

 ハワイなんて短パンにTシャツみたいな人がいる中でスーツの人が毎日いると違和感がある
 その中でどうやら(息子の)和也さんが存在をわかってくれて
 なんか変だなという風には思ってくれたんですね

 

 帰国をして、難しかったなあなんて思ってたと思うんです
 そこにある日編集部に電話がかかってきて
 ご本人からだと思うんですけど「ずっといたことは知っていた」「手紙をいただいたことも知ってる」
 「熱意にほだされた」と「受けてあげるわよ」と言っていただいた

 

 熱意の末の8週にわたるスクープは真実を伝えた」

 

 

「ひばりさんはそれから1年後に亡くなるわけですから
 相当体もまずかったと思うんですね
 まだ自らが死ぬと考えたくもなかったでしょうけども
 なにかそこにひばりさんは残しておきたいという気持ちもあって
 スクープというか本当にやってよかったなという記事ですね」

 

 

1989年8月10日号では136万部の最高売上部数を打ち出した
これ以降、この記録は抜かれていない

スポンサードリンク

ノンストップ!感想