独占:IKKO豪華新居初公開!スカーフを額に飾る、十五穀米には叙々苑の野菜サラダのたれ、韓国布団で女子力が上がる|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

独占:IKKO豪華新居初公開!スカーフを額に飾る、十五穀米には叙々苑の野菜サラダのたれ、韓国布団で女子力が上がる

 

IKKO(51歳)豪華新居初公開!ゴージャスなインテリア
300u5LDKSの豪邸

 

 

IKKOの美的感覚により飾られた絵

玄関には豪華なペルシャ絨毯、シャンデリアがお出迎え

 

エルメスのスカーフが額に入れて飾られている

 

IKKO「中途半端な絵だったら、こうやってお気に入りのスカーフを飾った方が素敵なんじゃないかなと思って」

 

 

ヨーロッパのアンティークの布地、コムデギャルソンとエルメスのコラボスカーフも額に入れられている

 

 

詳細は続きから

 

アメリカを代表する高級家具メーカー、ドレクセル ヘリテイジ

映画「プリティウーマン」にもソファが使用された、カタログで見ると90万円以上

 

IKKOさんの部屋のものは価格は分からないが

 

佐野アナの座ってみた感想は「すごく座りごこちがいい、硬すぎないしやわらかすぎない」

 

 

 

約70u(約45畳)のリビングダイニング

 

ここはお客様用、普段は利用しない

 

 

世界中から集めた香水コレクションが飾られている

 

エスティローダーの限定発売の練り香水

 

IKKO「きれいなものみてると時間を忘れる」

 

ゲランの香水も額に入れて飾っている

 

 

 

引き戸にも工夫

 

IKKO「和のテイストすぎたのでヨーロッパで使われている技法の布団張りに」

 

部屋全体が柔らかい雰囲気に

 

 

カーテンはヨーロッパの生地で仕上げたフルオーダーメイド

 

IKKO「色が付きすぎてしまうのは嫌なのでシャンパンゴールドに決めてるんです」

 

佐野アナ「おいくらぐらい?」

 

IKKO「カーテンの値段?たぶん車一台くらい買えると思う」

 

 

 

 

キッチンは白で統一ピカピカ

 

 

料理好きのIKKOさん上には物は置かない

 

IKKO「調味料とか出てるの凄く嫌なの」

 

冷蔵庫の中も買ったものはすぐに切り分け容器に日付を入れ保存

 

整理整頓されている、かなりの几帳面

 

 

 

佐野アナに手料理を作ってくれた、わずか20分でおもてなし料理

 

キムチスープ(隠し味はウェイユー入り

 

十五穀米にも一工夫

 

IKKO
「十五穀米って独特の香りがあるでしょ?叙々苑の野菜サラダのたれ

をかけるとすごくおいしくなったの」

 

佐野アナ「すごいおいしいですね、皆さんにもおすすめです」

 

こんにゃくと塩昆布も入っている

 

 

 

使わなくなった服のための衣裳部屋

 

IKKO「ランバン・グッチ・アルマーニ・フェンディとか好きでした」

 

佐野アナ「IKKOさんは足小さい?」

 

IKKO「私25.5p」

 

佐野アナ「ちい〜さい男にしては小さいですね」

 

IKKO「男じゃない〜」

 

(笑)

 

 

 

 

 

ドレス専用の衣裳部屋

 

ウンガロのドレスなど

 

 

着物を選ぶための部屋

 

大体6つほどの着物を並べてからまずきものを選び
そのあと細かい半襟などを選んでいく

 

IKKO「すべて池田先生のこだわり」

 

池田重子さん(87歳)
日本を代表する着物デザイナー

 

IKKOさんのためだけにデザインしてくれたものばかり

 

結城紬にパッチワークを施してあるいきなデザイン

 

総刺繍の着物など

 

 

 

寝室

 

IKKO「ベッドはシーリーと決めている

 

 

シーリー:アメリカに本社を持つベッドブランド、高級ホテルで多く採用されている

 

 

IKKO「掛け布団も散々いろんなものを使ってきて
     行きついたのは韓国布団だった
     そんなに高くないんですけど、材質が好きで
     お部屋がうわーっと明るくなって女子力が上がる」

 

韓国布団ピンク

 

佐野アナ「やわらかい、ふわふわする〜」

 

飛び乗るIKKOさん

 

佐野アナ「食べられた―」

 

(笑)

 

 

 

ウォークインクローゼット

 

普段使いのものを綺麗に整頓してある

 

ファンからもらったロングキャミソールなど

 

 

佐野アナ「下着がないですね?」と探し始める

 

IKKO「なに〜も〜」

 

引出しにきれいに閉まってある

 

佐野アナ「少集尖鋭ですね」

 

IKKO「そうなの〜」

 

(笑)

 

 

 

20代のころに買った思い出のソファ

 

破損しているが一番大変な時に買ったものなので大切にずっと使っている

 

 

初心を忘れない、3畳の部屋

 

IKKO「19歳の時に住み込みから始めて3畳1間でした
     これが私の原点かなと思ってここが一番落ち着くんです」

 

Q40代50代何か変わったことは?

 

「30代ずっと経営者をやっていて
 40代は自分のためだけに生きていこうかなと思ってた
 だけど昔の弟子たちがたまに会うと
 昔のこだわってた時の私の方が好きだなという子たちが多くて
 でも背負っていくときつい性格になったりするので
 これも工夫しかないのかなと思うんですね」

 

と涙をにじませた

 

 

書にしたしめていただいた

 

「誠実」愛をこめてIKKO

 

 

 

IKKO「美しさの原点は誠実であること
     50歳を過ぎて、凛として生きていたい、本物になっていきたい」

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想