大塚範一キャスター白血病再発で復帰見合わせ治療に専念病気・ケガ・入院 エンタメ|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

大塚範一キャスター白血病再発で復帰見合わせ治療に専念

おととい
大塚範一キャスター(64)が
急性リンパ性白血病が再発し治療に専念することを発表した

 

来月4月1日〜スタートする
フジテレビの情報番組「アゲるテレビ」
で本格復帰予定だったが
出演見合わせることとなった

 

 

詳細は続きから

2011年10月
首のしこりに違和感を感じ検査をしたところ

 

2011年11月
急性リンパ性白血病と診断

 

急性リンパ性白血病とは

血液のがんといわれるもので
正常な血液細胞が圧迫され減少する病気

 

去年の3月
病気治療専念のため休養中だった「めざましテレビ」を降板

 

去年10月
ほぼ完治の状態で退院できるまでに回復

 

その後鹿児島県の霧島温泉郷で軽部アナウンサー対談し
持ち前の強い精神力で闘病生活を乗り越えたことを語った

 

先月4日は
461日ぶりに「めざましテレビ」生出演

 

今月12日バラエティー番組にも出演したが

 

定期検査で異常が発覚

 

14日に
白血病の再発が判明

 

東京医療センター血液内科
横山 明宏医師 曰く

 

白血病の治療は抗がん剤などの副作用で非常に苦しい治療になりますが
根気強く治療を続けていれば治らない病気ではない

 

大塚キャスターの想定される治療

 

抗がん剤治療
造血幹細胞移植(骨髄移植など)

 

治療が成功すれば、数か月で完治することもある
退院して仕事復帰もある

 

大塚キャスターのコメント

新番組スタート直前に
このようなことになり誠に残念です
しかしと送信を奮い起こして
治療を受け
再起をはかります

スポンサードリンク

ノンストップ!感想