だからあなたは痩せられない!人気ダイエットの落とし穴?これであなたも痩せられる”3つの法則”:知らないセケンダイエット美ボディの作り方方法|ノンストップ!トピックス



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

だからあなたは痩せられない!人気ダイエットの落とし穴?これであなたも痩せられる”3つの法則”:知らないセケン

様々なダイエット方法が出てくるが、ダイエットには落とし穴が?!

 

「太めのバービー」とあだ名がついたあべ静江さん(61歳)がゲスト

 

 

以前は「あら、やせちゃった!」という本を出版したが、現在リバウンド、

 

食生活には気を使ってるのになぜ?

 

ダイエットのために良かれと思ってやってることが裏目に?そんな落とし穴がある。

 

 

 

詳細は続きから

日本初、肥満治療専門クリニック

 

よこはま北星クリニック

 

理事長 島野雄実

 

 

スタジオでダイエットトーク

 

設楽「人類の永遠のテーマですね。今まさにやってはいるんですけど、何キロか減ってはいるんですけど
   自分で思うんですね。また太ると」

 

(笑)

 

設楽「あべさんあの時は42キロ、今は非公開という事で」

 

あべ「育ちざかりという事で」

 

(笑)

 

あべ静江ダイエット遍歴

 

2〜30代 48キロ

 

48歳 53キロ

 

49歳 42キロ「ダイエット本を出版」「ゲーム感覚で楽しく計算してた」

 

現在61歳 体重は秘密「太めのバービー」

 

 

 

設楽「年齢がたつにつれて体重も落ちにくくなるじゃないですか!」

 

 

あべ静江が痩せたワケ「ワインはグラスの代わりにビーカーで飲む」

 

量を量って飲んでカロリー計算していた

 

お寿司屋さんでもシャリの量を図っていた。ゲーム感覚。

 

リリコ「できないな〜それがストレスになっちゃう」

 

あべ「量ってはいたんですけど、お酒だとそれが何杯目だかわかんなくなっちゃう」

 

(笑)

 

 

 

佐野アナ「なぜ?あらあらふとっちゃった?になっちゃったのか?」

 

あべ「食べるのが好き!」

 

 

現在のあべ静江さんの食事は?

 

 

・炭酸水
・野菜ジュース
・飲むヨーグルト

 

先生「飲み物中心だと食べた気がしない。でもカロリーはとってるからもっと食べたくなる」

 

 

 

・食べない

 

 

・焼き肉
・ライス

 

 

 

だからあなたは痩せられない、その理由

 

よこはま北星クリニック、理事長 島野雄実

 

ダイエット成功者は自信がついてお肉もつく

 

食事の回数を減らすと体重は増える

 

身体が飢餓状態になるとないぶん、食事をとった時に吸収しようという力が増える

 

 

 

LiLico(42歳)驚異のリバウンド

 

20代前半、23kg減で47キロ

 

26歳、リバウンドで65キロ

 

 

4回くらいダイエットしてはリバウンドしているという
20代前半は車生活の時期で食べることができなかった。食べれるものがするめだけだった。
チャンスとピンチが一緒に来て、やせなきゃデビューできないという事もありストイックにダイエット。

 

リリコ「いい方法ではないですよ、私はするめしかなかったから」

 

その後もダイエットとリバウンドを繰り返す

 

リリコ「37才から全くやせなくなった。食べなくても空気で太ってるんじゃ?ってくらいやせない」

 

設楽「やっぱり年齢関係ありますよね」

 

先生「代謝が落ちていくので」

 

リリコ「それで私が40になって気が付いたことはどんなに少しでも3食きちんと食べる。そこからリバウンドないです」

 

 

 

 

ヘルシーだから毎日おそばを食べて体重200キロ越え?!驚愕の患者さん

 

営業職 会食が多い、義明さん(30歳)

 

ダイエットで3食そば。70キロから260キロに!?

 

設楽「これは先生?実際にいた?」

 

先生「そうですね。そばはいい成分も入ってるんですけど、それと一緒にカツ丼を食べたり
   カロリーを多くとってしまって」

 

設楽「そばと天ぷら、でもカロリーが多いことに気づかない?
   そばイコール魔法の食べ物じゃないんだから、食べ過ぎたり他に一緒に食べたら太りますよね」

 

先生「いいものだからって取りすぎてしまう人多いんですよ」

 

設楽「そばがスープ感覚なんでしょうね」

 

リリコ「自分の体を知ることが一番最初のダイエット」

 

あべ「たくさん食べたらやせられるものがあればいいのにな〜」

 

(笑)

 

 

流行のものをすべてお試し!恐怖の加算ダイエット

 

流行に敏感な専業主婦 朋子さん(40歳)

 

朝カレー、朝バナナ、納豆、豆乳、カテキン煎り緑茶

 

何でも体にいいものを摂取、太っていく

 

先生「これじゃ足りないわと、いいものをどんどん加算していく、でどうしてやせないの?という方ですね」

 

設楽「それでなんで?!って人がいるんですね」

 

あべ「いいって言われたらやってみたいって言うのはありますよね」

 

先生「足していったらカロリーがゼロじゃないので、言われたら確かにそうだなとわかるんですが、
   その時は一生懸命になっちゃうので」

 

設楽「客観的に言われたらわかるんですけどね」

 

 

 

これであなたも痩せられる”3つの法則”

 

パートナーを見つける

 

パートナーは大事。病院では先生がパートナーだが家では一人になってしまう
家族などで一緒に見てくれる人、「何かおかしかったら言ってよ」と一緒に注意したりしてくれる協力者が必要

 

設楽「結構スタッフとかと一緒にやせるんだけど、リバウンドも一緒にしていく」

 

(笑)

 

具体的目的を決める

 

ギターをおなかのところで弾きたい、娘の結婚式になど具体的な目標を決める

 

小鉢を5個買う

 

うどんなど一個にしちゃうと食べた気がしない

 

でも5種類くらいあると不思議と食べた気がする。

 

 

 

 

Q,産後、体重は戻ったのですが、おなかのたるみだけはどうにも戻りません。どうしようもないのですか?

 

先生
「ダイエットでもお腹だけ残ってしまうという人がいるんですが
 その体重を維持していると、不思議なことに
 再分配されお腹の部分があっちにこっちに移動して最後に戻っていきますので
 時間がかかるかもしれませんが、おそらく再分配で減るのかなと思います」

 

 

Q、歩くことがよいと一生懸命歩いたのですが、かえって足がむくんで体重増加、なぜ?

 

先生
「立ち仕事をなさる方が足がむくむことは多いですよね
 頑張って歩いて、水分を取る、場合によって塩分が多かったりするとむくむ場合もありますから」

 

設楽「もしかしたら歩いた後、美味しくてご飯くっちゃってる!」

 

(笑)

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想