成人の日直前SP、ウチの子大丈夫!?20代に急増”絶食男子”とは?女性に興味なし?!|フジテレビノンストップサミット|せきららボイス、イマつぶで参加!



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

成人の日直前SP、ウチの子大丈夫!?20代に急増”絶食男子”とは?女性に興味なし?!

 

恋をしたいけどできない”草食男子”はおなじみだが

 

”新人類”を発見!

 

絶食男子とは?

 

女性に興味を持たず
関係をもシャットアウトする男性

 

 

絶食男子のコメント

21歳大学生
「絶食男子です」

 

Q彼女を作りたいと思わない?

 

「別にそう思わない」

 

「男のがのりがあって盛り上がるし面白い」

 

「女の子は面倒くさいので興味ない
 自分のやりたいことに費やしたい
 女とかじゃなくて趣味とかダーツ」

 

 

詳細は続きから

20代独身男性450人に聞いた「現在恋人はいる?」のアンケート

2012年ライフネット生命調べ

 

「いる」 22.9%

 

「いない」 77.1%

 

 

さらに全体の26.7%は「今までいたことがない」との回答だった。

 

 

 

また別の調査会社が

 

「性交渉することに関心があるか?」のアンケートをとったところ
(対象:20〜24歳男性)

 

嫌悪している・関心がないが24.6%だった。

 

4人に1人が男女の関係に興味を持っていないことが判明した。

 

 

 

日本家族計画協会クリニック北村邦夫所長
「相手を理解したり自分を知らせたりというコミュニケーション能力の低下
 失敗を恐れるあまり足を前に踏み出せないことが原因なのでは」

 

 

絶食男子に母親世代の反応

 

「情けない」

 

「何とかしてほしい。男らしい男がいない」

 

「うちの息子も「めんどくさい」って言いますね
 頑張ろうという気が足りない
 理解ができない宇宙人だと思ってる」

 

 

20代男性の大きく変わる恋愛観、結婚観

 

21歳大学生
「主夫になりたい、料理も好きだし掃除も苦じゃないので」

 

28歳会社員
「主夫になりたいです。今まで遊んでなかったので
 嫁に頑張ってもらって自分は遊びたい」

 

 

 

ノンストップサミットスタート

 

小島慶子(40歳)
カンニング竹山(41歳)
鈴木おさむ(40歳)
山本由樹(50歳)美魔女ブームの火付け役、「DRESS」編集長
湯山玲子(52歳)著述家:大学の非常勤講師、現役大学生のリアルに触れる

 

 

 

設楽「驚きの女子に興味がないと。食欲がない」

 

竹山「20代前半なんて食欲ありすぎて食べちゃいけないものまで食べちゃうでしょう」

 

設楽「胸やけ胸焼けの」

 

(笑)

 

小島「男にはこっぴどく振られたりとか楽しく過ごしてほしいですけどね、魅力的になったりしますからね」

 

湯山「この2、3年ゆとり世代というか変わってきてる
   ひとつとしてお母さんが恋人になってるところがある。」

 

竹山「思春期に性に目覚めてそれはお母さんにはいかないじゃないですか、それでもお母さんのテリトリーから出ない?」
湯山「そこから出ていくエネルギーがない」

 

おさむ「絶食男子はよくないですよ。
    おれのころはどう口説くか考えてたけど。
    今のADさんは傷つくの恐れてる。女のADさんのががつがつしてる

 

    男は怒っても笑ってごまかす。女の子の方が謝ります」

 

設楽「正直まだしんじられない、絶食男子なんてあるの?って感じ」

 

山本「欲望のはけ口がいっぱいあるでしょ
   ネットとかだから生身の女性と交渉しなくても欲望が満たされてる
   一番だめなのは「草食系ですか?」とか聞かれて「そうです」と答えられちゃうこと」

 

山本「だから新しい言葉を考えてきました。

 

   20代の若者は「自家発電男子」

 

   たとえば、「自家発電男子?」って聞かれると「ちがいます」って恥ずかしくなるじゃないですか」

 

竹山「あ〜なるほどそういう意味ね」

 

(笑)

 

竹山「これはやっちゃうとエコ男子とか言い出しちゃう」

 

(笑)

 

 

設楽「性欲自体がなくなっちゃうわけじゃないんだ」

 

湯山「そう、ネットとかゲームで満たさせちゃう、あとは安心感でお母さん」

 

小島「でも手触りは分からないよ」

 

(笑)

 

竹山「昔は先輩とかとあーでもないこーでもないって話をしてたけど
   そういう会話とかもないんですかね」

 

湯山「今の大学生を見てると下ネタエロトークが嫌い」

 

スタジオ「え〜」

 

設楽「コミュニケーションが取れてないんですかね」

 

 

 

 

フリーター男性(28歳)のお悩み

女性からデートに誘われたが外が寒いのですっぽかした
性欲よりも一人でいたい気持ちが勝ってしまう

 

 

 

設楽「これはもう理解できない」

 

山本「女性に魅力がない、強くなりすぎてるのもあると思うけど」

 

湯山「男性が細かい。昔はかわいい子がいたらやれるかなって言ってたのが
   今はあいつはぶりっこしてるとかいう」

 

山本「ここにいる女性は自己主張をするじゃないですか
   こういう女性を相手にするのは大変ですよ

 

   逆に女の人がもてたいと思ったら、聞き上手になればいい
   お母さんのように相手を認めてあげる」

 

竹山「そういう女性が多かったら今の絶食男子も出てくるんですかね」

 

おさむ「今は連絡手段を得るのがツイッターとかラインとかで済んじゃうじゃないですか
    それがいけないと思う。そこから出られない」

 

山本「でも連絡手段が多いなら口説きやすいじゃないですか」

 

おさむ「だから、それが俺らの世代なんですよ」

 

(笑)

 

 

 

絶食男子が彼女を作らない理由とは?

 

女が怖い

・ずばずば言われるのが怖い
・自分より稼ぎがいいと立場的に怖い
・負けてる感がある

 

金は女に使うより自分に使いたい
女に時間を費やすのが嫌

 

 

設楽「女が強くなっちゃったのかな」

 

竹山「今は5分5分?」

 

山本「今は5分以下ですよ」

 

おさむ「ワンピースもあんなに強い女の人が出てきたアニメないですよ

 

    プリキュアとかセーラームーンとか、昔はなかったじゃないですか

 

    あれを見て育った女の子は強くなりますよ」

 

設楽「自然に女が強くなる環境ができてる」

 

 

小島「男は男らしくとか稼ぎがないとって今まで自分が落ちこぼれだって思ってた人が
   今は主夫になりたいですとか言って過ごしていけるんだったらその人には幸せなのかも」

 

山本「ある意味男女平等化の結果なのかも、まだ女性が得してる部分もあるじゃないですか
   平等にした時点で女が優位になってしまうってことがあるんじゃないですか」

 

設楽「経済的にしっかりした人は彼氏いらないって言う人もあったり」

 

竹山「いま急に欧米化してきて、男、女の立場が平等になってきてる」

 

設楽「でも欧米ってナイトクラブとかでダンスの時間とかちゃんともうけられている」

 

女性を女性に、男性を男性に扱うということが日本は文化的に足りないのかもしれない

 

小島「自分と違う人とどれだけ仲良くできるのかって言うのが、恋人とのスキルだと思う
   それを自分と違うからいいですって避けてしまうと
   職場であわない上司と話したりとかそういうスキルもなくなってしまうと思う」

 

 

 

 

山本「次生まれ変わるなら、女性と男性どっちがいいですか?」

 

山崎アナ「女性ですね」

 

設楽「山崎さんが今この中だと世代ですね。」

 

山崎アナ「草食男子多いですけど、絶食まではいないかなと思うんですけど」

 

 

小島「こんなこと言うのあれですけどホルモンに振り回されるのに疲れてきているので
   男性がいいかなってちょっと思いますね」

 

(笑)

 

湯山「私は女性かな。バイリンガルでこっちもできるしあっちもできるって言うのがおもしろいかな」

 

山本「僕は女ですね。小島さんと入れ替わりたいくらい
   男をセクシーなファッションとかで惑わしながら、それを力にできる」

 

設楽「でもそれ男の発想じゃないですか?」

 

(笑)

 

 

 

 

気になる人・好きな人ができたら告白できる?高校生〜20代男性のアンケート結果

 

告白できない 79%

 

告白できる 21%

 

 

告白できない理由とは?

 

自分に自信がないから 70・3%

 

相手の気持ちがわからないから 62・7%

 

振られたくないから 28・8%

 

 

小島「相手の気持ちがわからないのは当たり前じゃない」(笑)

 

竹山「今までも一緒じゃない?高校くらいで誰にでも告白するバカがいたけど」

 

(笑)

 

 

 

プログラマー男性(21歳)の悩み

 

告白されたが「彼氏」という身分になるのが想像できず相手に迷惑をかけそうだったので断った

 

 

 

設楽「身分?これは好きだけど迷惑かけそうだから断っちゃうってこと?」

 

山本「これは相手に魅力がないんですよ」

 

小島「またそれいきます?」

 

(笑)

 

 

 

運送会社事務員男性(29歳)の悩み

 

女性に話しかけようと思っても「こう返されたらどうしよう」とビビってしまう・・・
気が合うことがわからないと話しかけられない

 

 

設楽「これが人付き合いってもんでしょ。気が合わないと別れるって言うんだから」

 

おさむ「自分と会話ができる人とすぐ出会えちゃうからダメなんじゃないですか?
    ネットがだめなわけじゃないけど、昔はあえなかったじゃないですか」

 

山本「ものすごく2極化してるんじゃないですか?ものすごく遊んでる男子と全然ダメな男子」

 

小島「恋愛するのが偉いわけじゃないけど、
   何もしないで、僕分かってますからって言うのは人生おもしろくないと思う」

 

竹山「そりゃつまんないですよ。やんないとわかんないから」

 

 

 

 

では女性側はどうなのか?好きな男性に自分から告白したことがある?

 

20〜30代女性ゼクシイ調べ

 

ある 69%

 

ない 31%

 

 

自分から告白する女性の意見

 

「女の子からいうことが多いと思う」

 

「メールで言ってくれる人は多いけど、あっていってくれる人はいない」

 

「もっとがつがつしてほしい」

 

「もっとしっかり言ってくれる方が後々もいいと思う男の人が引っ張ってくれる人がいい」

 

 

 

 

設楽「なるほど、このインタビューの感じからも女性が強く感じました」

 

(笑)

 

小島「女子も愛され何々とか結構待ちの特集見て勉強してるのにがつがつしちゃうね」

 

設楽「昔は男がハウトゥー本見て」

 

おさむ「東京いい店やれる店とかね」

 

(笑)

 

おさむ「いまないですもんね!」

 

 

 

 

 

学生 女性(24歳)のお悩み

 

男友達から「家に泊っていきなよ」とお誘い。
男女の仲に発展するかもと期待していた私
朝まで2人でひたすらジブリ映画を鑑賞
そんなに私には魅力がないのかなあ

 

 

 

設楽「ジブリの映画が見たかったんだね」

 

設楽「家に行くって言うのは結構進むハードルですけど
   男女の友情みたいのが成立しすぎてるのかな」

 

山本「知り合いが酔っぱらって起きたら知らない家に寝てて
   おはようございますって20代のかっこいい男性がたっていた
   でも、全くなにもされていなくて、自分に魅力がないのかと悩んじゃった」

 

竹山「でも難しい問題だな、介抱してて手だしてたら最低なやつだし」

 

(笑)

スポンサードリンク

ノンストップ!感想