矢口真里(30歳)中村昌也(27歳)離婚、妻の「夜のあやまち」許せる?:ノンストップサミット|せきららボイス、イマつぶで参加!



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

矢口真里(30歳)中村昌也(27歳)離婚、妻の「夜のあやまち」許せる?:ノンストップサミット

設楽「やぐっちゃんびっくりしましたけども、今芸能界はこの話題でモチキリという事で」

 

矢口真里(30歳)中村昌也(27歳)離婚FAX内容

 

2013年5月30日

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

この度、中村昌也と矢口真里は5月30日、都内区役所に離婚届を提出しましたことをご報告させて頂きます。
関係者の皆様ならびにファンの皆様にはご心配やご迷惑をかけて参りましたことをここに改めてお詫び申し上げます

 

この結論にたどり着くまで二人で何度も話し合いましたが、お互いの将来を見据えて別々の道を歩んで行こうという結論に至りました。

 

今後それぞれの人生を歩む二人ではございますが、今後とも温かく見守って頂きますよう何卒お願い申し上げます

 

株式会社渡辺エンターテインメント
株式会社アップフロントプロモーション

 

 

設楽「この報道が出てから、早かったですけども」

 

山崎アナ「この件に関しての記者会見の予定はないそうです」

 

設楽「本人非手も肯定もしてないですから真実は分からないですけども
   離婚となると、じゃあそうだったのかな、とも思いますけどね」

 

 

サミットは続きから

 

当初離婚はないとの話だったが残念な結果になってしまった

 

スポーツ各紙大きく取り上げている

 

 

サンケイスポーツによると

 

矢口は当初反省し、互いに離婚を回避したい意向だったというが、わだかまりを持ったまま
夫婦生活を続けることは困難と判断した

 

 

 

日刊スポーツによると

 

離婚は協議の上に至った結論で、慰謝料や財産分与など条件面については引き続き話し合いが行われるようだ。

 

 

スポーツニッポンによると

 

離婚協議が始まったのは別居中だった3月。2人が直接話し合う機会も何度かあった。
最近は連日協議の場が持たれていたようで、別の関係者は「2人の主張を伝え、条件面で合意に達した」という
矢口側は中村側へ慰謝料を払った

 

 

サンケイスポーツによると

 

矢口さんは急性胃腸炎に快方に向かっているが全快ではないとの報道

 

 

 

結婚から離婚までの流れ

 

2011年5月22日に結婚

 

192p、144.5pの約47センチの身長差カップルとして話題に

 

さらに、テレビのレギュラー番組を多く抱える矢口との格差婚も話題に

 

 

婚約会見では

 

Q給料差はどれくらい?

 

矢口真里
「ご飯を食べに行く時に彼の名言が「安いところは僕が払うから高いところはあなたが払ってください
 っていう(笑)
 そういうのをはっきり言ってくれる男の人はなかなかいないので
 可愛いなって私は思ったんですけど」

 

中村昌也
「浮気とかで泣かせることはないです
 貧乏で泣かせることはあるかもしれない」

 

 

ラブラブ会見から2年

 

週刊女性6月4日号に不倫の見出し

 

今年2月

 

矢口真里は
飲み会後、25歳のイケメンモデルを自宅に招き入れ一晩を共に

 

中村昌也は地方ロケを終え予定より早く帰宅

 

ベッドに矢口と共に見知らぬ男性

 

マンションを飛び出し以来別居状態に

 

 

 

先週水曜日、2度目の結婚記念日だったこの日

 

少しだけ姿を現した矢口真里

 

「お騒がせしてすみません」

 

左手の薬指に結婚指輪はなかった

 

 

 

この後レギュラー番組を急性胃腸炎で理由にキャンセル

 

ブログも今月15日以降更新が途絶える

 

 

中村昌也もレギュラー番組に出演するも騒動には触れず

 

 

 

本人たちが口を閉ざす中、場外は異様な盛り上がりを見せた

 

ノンストップレギュラー西川史子さんは某番組で

 

「私結構前にこの話を噂で聞いて、でもまさかと
 認めてないから実際はどうかわからないですけど
 あまりにも常識がなさすぎるし、結婚という事に対する意識も低すぎる」

 

テリー伊藤

 

「矢口が報道陣の前ですみませんってあれ誰に謝ってるんですかね
 実はもっと悪いことやってますよ!
 分かってんだけど、みんなあうんの呼吸で言わないだけで」

 

と、収束どころか爆弾発言も

 

 

 

さらに今週発売の週刊女性では

 

イケメンモデルとは別の元彼に
「今日は旦那がいないから家に遊びに来ない?」とメールを送っていたという

 

 

ネットのニュースでは

 

既婚者男性や結婚披露宴に出席した夫の友人にもと報じられた

 

 

不倫騒動から10日後、離婚

 

 

 

妻が自宅に男性をお持ち帰りしたらどう思う?街の声

 

21歳男性「付き合ってられない、離婚当然だと思う」

 

62歳女性「旦那がやさしすぎたんじゃない」

 

62歳男性「見ちゃったらショック、許せるなら許してあげたらいいんじゃない
     男はきっと浮気をするだろうし」

 

30歳女性「家はどうかな、私ならもっとうまくやる」

 

 

 

妻の夜のあやまち許せる?ノンストップサミット開幕

 

千秋「昼ドラ見てるみたい」

 

おさむ「今どの会議に行ってもまずこの話ですから、自分の持ってる情報を交換し、マジで?みたいな」

 

(笑)

 

設楽「新しい情報持ってる人が、あれもしかしてってなってどんどんどんどん」

 

おさむ「塩谷瞬さんの時はこうはならなかった、なんなんでしょうね」

 

(笑)

 

 

妻が自宅に男性をお持ち帰り許せる?

 

設楽「これ許せる人いるの?」

 

千秋「ベットにお持ち帰りは聞いたことないんですけど

 

   ホームパーティーに彼氏も旦那もいるって言うのは見たことあります」

 

六角「それは本人たちも知ってるの?」

 

千秋「それを知ってるのかも分かんないけど、彼氏は絶対知ってるし」

 

 

設楽「家って言うのがモラル的にいいのって」

 

六角「それはやったことない」

 

(笑)

 

おさむ「おっさん的な感じじゃない」

 

千秋「自分で家のお金も払ってるから自分のモノみたいな」

 

設楽「男はその感覚があるから、自分の家で何しようとみたいな」

 

おさむ「この件は女性が男をお持ち帰りしてるって言うパンチがありすぎて
    僕がこれやってたらもっと世の中に怒られると思うんだけど
    まだおこる段階にきてない」

 

(笑)

 

小島「怒るていで間違ってないんですけどね」

 

(笑)

 

千秋「昔芸能界でもありましたもんね、まーちゃんごめんねって
   今回も使えますけどね、まーちゃんごめんねって」

 

(笑)

 

 

結婚前に夫は妻の裏の顔に気づかなかったの?

 

おさむ「気づかないよ〜絶対気づかないよ〜」

 

小島「昼顔妻でも女の人の嘘はばれないみたいのありましたもんね」

 

設楽「女の子同士でよく、なんであの人と付き合うの〜とか言うじゃない
   でも絶対男は気づかないよ〜、だって好きなんですもん

 

   大好きな人に疑った目で見れないですよ」

 

おさむ「大きな嘘をつくのは女性なんですよ、ノンストップで実は子供が旦那の子じゃないみたいの
    あったじゃない、そういうウソは女の人しかつけないです
    男はビビッてビビッてつけない」

 

設楽「ウソ!って言う数男の人の方が多いですよね、びっくりして」

 

(笑)

 

 

妻の夜のあやまち知ってしまったら許せる?許せない?

 

設楽「ゆるせないでしょ」

 

小島「許してあげればって街頭インタビューあったけど
   負い目がある人はそういう考えもあるのかもしれないけど」

 

おさむ「あやまちなのか恋愛なのか」

 

千秋「そうそうそれ」

 

おさむ「自分で考えても好きならもうしょうがないよね」

 

設楽「こういう形で、よく別れちゃっても元に戻るってケースもよく世の中で聞くから

 

   しょうがないって言って戻る人もいるじゃないですか」

 

六角「僕は、あやまちでこうなったわけじゃないですけど」

 

(笑)

 

六角「もしその立場からだと絶対心の芯に抜けないよ
   理性で押えながら生活はするし、やっぱりそれでもいいなって思うから結婚するじゃないですか

 

   離れてた時間がそうさせることがあるんです」

 

千秋「どういう風に?」

 

六角「別れた後に経験してきたこととか、別れた時に自分が悪かったこととか
   でお互い悪かったなと思ってからまた一緒になると
   これはまた違うもんですよ、人間の性格はそう変わらないですけど、少し注意するようになる

 

   まあでも僕は夜のあやまち許しませんけどね」

 

(笑)

 

修羅場について

 

小島「まさにその場面だったわけでしょ?」

 

設楽「そういわれてますね」

 

千秋「そしたら一生ひきづっちゃう・・」

 

おさむ「傷は一生顔に縫い傷できたみたいな感じで見えちゃうと思うけど」

 

設楽「(もし現場に遭遇しちゃったら)どっちに怒ります?」

 

おさむ「もし?」

 

(笑)

 

設楽「すいませんこんな想像させちゃって」

 

(笑)

 

おさむ「それが知り合いかにもよるけど・・」

 

設楽「たぶん自分に似たタイプの人だと思う」

 

(笑)

 

小島「いやだね〜それ」

 

(笑)

 

おさむ「知り合いだったら両方に怒ると思うけど、
    知らないやつだったら、まず奥さんに怒るかな〜・・・
    でもまず理解するのに相当時間がかかると思う」

 

設楽「そうすね、俺も考えると、若いときだったら、男にこのやろうってなる気持ちも強いでしょうけど
   どんどん年と共に自分の奥さんの方に怒る気がしますね」

 

小島「若い時に踏み込まれたことはないんですか?」

 

六角「ないです!」

 

おさむ「ないですよ」

 

(笑)

 

設楽「俺、急にお腹が痛くなっちゃって、連絡しないで急きょ近くの付き合ってた彼女の家に
   急に行ったことあるんですけど、ピンポンピンポンってしても
   いるのになかなか出てこなくて、ガチャって開いてもドアロックしてるんですよ
   「ちょ、なになになにお腹痛いんだよ」って言ったら入れてくれて
   で、トイレ入る瞬間、入るときの目の隅にスーツ着たやつがいるんですよ」

 

(笑)

 

設楽「でも僕お腹痛いから、そのままブリブリってしてて
   どうしようかなって思って、そしたらどんどん腹立ってきて
   これはこういう状況だって思って、でも出た時にはもういなくて」

 

千秋「夢だったんじゃなくて?夢だったんだよ」

 

(笑)

 

六角「急に行くのはダメですよ、ちゃんと連絡します」

 

(笑)

 

六角「とにかく連絡しろと、連絡しないと帰ってくんなと奥さんに言われてますから」

 

設楽「やですねなんかね」

 

(笑)

 

 

 

設楽「女の人は女の人に行くパターンが多いんですかね?」

 

千秋「そうだと思う」

 

小島「あんたひとんち勝手に上がんないでって」

 

設楽「この泥棒猫!」

 

(笑)

 

 

おさむ「もし、一生気づかずに、奥さんが彼氏に恋してて
    僕との夫婦生活が円満に過ごしているなら
    それのおかげで円満なのだとしたらいいかもしれないですね」

 

小島「ええ〜!」

 

おさむ「それがなかったら夫婦生活が破たんしちゃうかもしれないじゃないですか
    ノンストップを見ての経験ですよ」

 

設楽「やな想像ですよね」

 

おさむ「やな想像です!絶対よくないけど、一生知らないことが条件!」

 

(笑)

 

設楽「生活があったりして離婚できない人が多いですからね我慢してる人もいると思う」

 

千秋「女性は多いと思う」

 

 

まとめ

設楽「レアケースですけどね、
   この場合、とにかく早く帰るときは連絡する」

 

(笑)

スポンサードリンク

ノンストップ!感想