ノンストップサミット安藤美姫選手(25歳)出産発表の余波・・・噂の彼「父親は僕じゃない」ノンストップアラ50三銃士&杉田、千秋で語る



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

安藤美姫選手(25歳)出産発表の余波・・・噂の彼「父親は僕じゃない」ノンストップアラ50三銃士&杉田、千秋で語る

昨日アイスショーの練習に訪れた安藤美姫選手

 

黒縁のメガネ、黒を基調にしたファッション

 

他の選手に気を使ってか団体送迎バスに乗らず一人でタクシー移動していた

 

会場には警備員が配置され厳戒態勢

 

 

そんな最中、今日発売の出版紙で衝撃の発言

 

安藤選手の恋人と噂されている南里康晴さん(27歳)

 

父親説をきっぱりと否定した。

 

 

Q(安藤選手と)お付き合いされていると思いますが、(子供の)お父さんは南里さんですか?

 

南里「いや違います」

 

 

Q父親が誰か知ってはいる、と?

 

南里「・・はい」

 

 

Qスケート関係の方?

 

南里「だと思いますよ」

 

 

 

記事によると噂の恋人は父親ではなく父親は別のスケート関係者とのこと

 

 

詳細は続きから

昨日ノンストップでは安藤選手の人生の選択について特集

 

せいじ「あの発表の流れだったら普通引退しますって言うのが普通だもんね
    それでまだがんばりますって言うんだからすごいよね」

 

うの「子供を抱えながらオリンピックにっていうのは並大抵のことじゃできないっていうのを
   やるって言ってるんだから、そんなお母さんをもって娘はうれしいと思う」

 

 

番組に届いたせきららボイス4728通

 

「両立は絶対無理とか初めから決めつけてるやからを見返してほしい!」

 

「なぜ困難を覚悟でチャレンジしようとする安藤選手を応援できないの理解できない」

 

「オリンピックを目指すならオリンピックを終えてから妊娠という選択が最良だったのでは?」

 

様々な声が寄せられた。

 

 

 

安藤選手はFAXにて父親の名前は伏せさせていただきたいとの意向をお知らせされた。

 

 

ノンストップサミットスタート安藤選手の出産発表どう思う?

 

大鶴「まず安藤さんが好きなんですよ、女性のおどろおどろしいものを持ってるって10代の時から気づいてたんです」

 

杉田「ご両親の影響でおどろおどろしい人が好きなんですよ」

 

(笑)

 

大鶴「だからびっくりしなかったです。セクシーだなと」

 

千秋「普通結婚したら落ち着いちゃうけどさらにエロさに拍車がかかりましたよね」

 

杉田「エロチシズムは文化ですから」

 

設楽「確かに演技とか表現する人にはプラスになるのかもしれませんね」

 

マイケル「彼女はすべてをプラスにかえられると思う。僕はセーブするという言葉を知らないんで」

 

設楽「坂上さんはどうですか?酒臭いですけど」

 

(笑)

 

杉田「え〜!」

 

坂上「だめなの?」

 

杉田「さわやかな番組なのに〜目赤いし〜

 

坂上「しゃべっていい?」

 

(笑)

 

坂上「FAXはもうちょっといいやり方あったなと思う」

 

杉田「追いかけてって言ってるような感じだもんね」

 

大鶴「スタッフが悪いですね」

 

設楽「ソチまで7か月しかないのかな
   もうスケジュールがぎっちりしてるから騒がれると影響があるって言うのはあると思う」

 

杉田「マスコミに嗅ぎつけられて騒がれたらもっと大きくなっちゃうし、
   例えば子供が金髪だったりしたら大変なことになっちゃうから」

 

設楽「・・すごいこと言いますね」

 

(笑)

 

杉田「たとえばですよ、だから自分から言っておこうって思ったのかなって」

 

 

設楽「皆さんの場合どうですか?体験談で自分から言っておこうって思いますか?」

 

坂上「ばれるなら自分から言っちゃったほうが楽ですよ」

 

杉田「報道が違うこと言っちゃいますからね」

 

設楽「会見とかどうですか?」

 

坂上「スポーツ選手だからする必要ないでしょ、CMとかやってたら別だけど」

 

杉田「私はフリーなんで会見開くとお金かかるんですよね」

 

設楽「え?」

 

杉田「結局ワイドショーとかってタダで報道してくれてるから、自分で会場押えて
   ・・せこい?ごめん」

 

(笑)

 

設楽「確かにああいうのって内訳どうなってるのか知らないですね」

 

大鶴「公園とかでやりゃーいいじゃん、公園!」

 

(笑)

 

杉田「公園のが大変!公共施設だと許可が大変だもん」

 

大鶴「じゃあ公園の前!」

 

(笑)

 

設楽「大鶴さんは会見は?」

 

大鶴「しますよ」

 

千秋「何のとき?」

 

大鶴「何のときだったかな〜」

 

(笑)

 

大鶴「僕は芸能でやっていくには世間ともう一度組み合わなくてはいけないと思ったから」

 

杉田「真実って伝わらないんですよ。永遠のテーマだと思うんですけど」

 

坂上「伝わらないのも考慮しての発言をしないといけない」

 

杉田「それはもう何十年も芸能生活長いですから」

 

坂上「そちらも!」

 

(笑)

 

設楽「この対戦も楽しそうですけど」

 

杉田「忍くんなんか、本当は爽やかなのを隠してこうやって胡散臭い感じを」

 

設楽「計算なんですか?」

 

坂上「計算ずくで今日も酒臭い感じです」

 

(笑)

 

千秋「・・一つだけ聞いていいですか?この二人は昔に本当に何もないんですか?」

 

坂上・杉田「・・・は?」

 

(笑)

 

杉田「同じ劇団で先輩後輩」

 

坂上さんが下なんだけど3歳からやってて先輩

 

千秋「ほんとに先輩後輩だけ?」

 

坂上「はい、そういったことは一切ございません」

 

(笑)

 

 

設楽「テレビでは真実は伝わらないって言ってましたが、捻じ曲げられちゃう?」

 

杉田「報道する側、見てる側の主観が入ってくるからストレートには伝わらない
   でも事実は事実として伝えなくてはいけないという場合もあるので
   そういう場合はちゃんと言ったほうがいい

 

   いろんな意見が出ることがいいんじゃないですかね」

 

マイケル「今回どこで終わるかって、追及して父親がわかるまでやりますよね」

 

スタジオ「ん〜」

 

千秋「わかるかな」

 

大鶴「そんなに興味ないけどね誰かって、それよりも安藤さん自身に興味がある」

 

(笑)

 

設楽「オリンピックでどういう風にって興味が出ますよね」

 

千秋「これで結果を出したらすごい!」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想