里帰りで親子に亀裂!生前整理したがらない親VS子供の戦い:ノンストップサミット



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

里帰りで親子に亀裂!生前整理したがらない親VS子供の戦い

あなたは
お盆休み帰省して気づいただろうか
物があふれる実家の姿に

 

今、
生前整理に関して親子間トラブルが起きているという

 

生前整理とは

生きているうちに親が身の回りの物を整理しておく
親がするべき事

 

しかし、長年もち続けたものを整理するのは
親世代にとって至難の業

 

今親の家の片づけでトラブルが急増しているという

 

親の家を片づける

 

詳細は続きから

実際に親の生前整理でトラブルになった女性は

 

母親と同居するようになった3年前から大量の物と向き合う日々を過ごしている

 

 

美木「死後にどれを捨てていのわからないので
   遺族が非常に苦しむから
   生前の内に親が納得いく形で整理してほしいって始まったものなんですね」

 

辺見「わたしの場合は4年前に父を亡くして1年前に母を亡くしたんですけど、
   父が死んだときに母が自分の死を感じたんでしょうね
   自分の大事にしていた着物だけを一緒に探して残りは処分したんですよ
   すごい私の気持ちも楽になったので
   私も両親の死から片づけ始めてます」

 

千秋「死んだら捨てちゃうだけだし
   今取り上げて無理やり捨てるのは可哀そう」

 

西川「パンツだけはしっかり整理してますけど」

 

スタジオ(笑)

 

美木「お母さんが溜め込んだものを娘が捨てるって言うのは意外と辛いことみたいですよ」

 

 

子供世代が親の生前整理をしたい理由

 

50代、60代の私たちが
親の死後に一気に整理するのは無理

 

 

50代主婦のエピソード

 

「死んだら全部売っていいから今はそのままで」という母
でも家はゴミ屋敷状態・・・
売れるものを探すのは不可能

 

 

坂上「俺の考え方としては
   お母さんが死んだ時のために
   片付けの業者代や葬式のお金をしっかり残してあれば問題ないと思う」

 

 

親がなぜ生前整理ができないのか

 

生前整理は自分の死を連想させるから

 

・いつ死ぬかわからないし、生きている間は捨てたくない
・年を取っても自分の領域は守りたい
・気持ちの整理がつかない
・価値観が変化するので一概に決められない
・プライドを捨てるのが嫌

 

坂上「俺は遺産はいらないって言っているけど
   他の遺産分与はどうするのか、
   うちの場合離婚しているからどこの墓に入りたいとか決めておかないといけないし
   そういうのも含めて分からないから
   全部生前整理をしておいてほしい」

 

設楽「通帳をどこにしまっているか分からないですよ」

 

美木「それは本当に大変ですよ
   その処理だけで半年ぐらいかかりますよ」

 

辺見「一緒に住んでいればそんな話もできるんですけど
   年に数回しか会わないとできないですよね」

 

坂上「生前整理って言葉が悪い」

 

美木「私達と一緒に何を残していきたいか考えましょって言った方がいいですね」

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想