みのもんた報道番組の降板を発表した会見について:ノンストップサミット



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

みのもんた報道番組の降板を発表した会見について

先週土曜日に
報道番組の降板を発表した
みのもんた(69)

 

今年9月
次男が窃盗未遂容疑で逮捕
先月
窃盗容疑で再逮捕
その後
処分保留で釈放

 

その後
成人した息子の過ちは父親の責任ではないと
一度は報道番組降板に否定的だったが

 

心境の変化で降板を決意

 

詳細は続きから

 

70分に及ぶ会見の中で

 

3つのキーワードが巷で話題となっていた

 

 

「誠に申し訳ございません」

 

謝罪は必要だったのか?

 

親としての責任がある以上謝罪は当然!?

 

成人した息子の過ちに何度も頭を下げる必要はない!?

 

 

「サラリーマンの倅だったら、バカヤローで済んでいたのでは」

 

親が芸能人だから大騒動になったのか?

 

芸能人という職業に同情!?

 

芸能人を言い訳にしている

 

 

「一度だけ会いました、何か言いかけていたが顔だけ見て無視して出ました」

 

息子と向き合っていたのか?

 

息子との距離を感じた

 

親との向き合いが不祥事の原因ではない

 

 

水道橋博士さんが共感した部分

 

辞めなければ収まらない風潮に僕は感じました
〜中略〜
何でこんなに騒がれるのかな、と

 

水道橋「その通り、世間が騒ぎすぎ」

 

 

IMALUが反論

 

みのもんたのせがれじゃなかったら
というのが本当の僕の気持ち
そうでなかったらバカ息子で終わったかも

 

IMALU「芸能人だからという問題じゃない」

 

美木「ヨーロッパのことわざで
   人生は前半親によって
   後半は子供によって台無しにされるって
   あるんですよね」

 

 

カンニング竹山の疑問

 

Q.親としてどこが間違っていた?

 

厳し過ぎたかな
〜中略〜
私は悪いことをやった時は悪いことをやったと殴るタイプ

 

竹山「厳しい父親が間違っているのか疑問」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想