子どもにとってもひとごとではない親の離婚は有りか?なしか?フジテレビノンストップサミット|せきららボイス、イマつぶで参加!



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

子どもにとってもひとごとではない親の離婚は有りか?なしか?

仁科仁美さん(28)が見た母:仁科亜季子の離婚

 

今週月曜日にノンストップでも放送した
仁科亜季子さん(59)の二度目の離婚

 

仁科さんの最初の結婚は1979年
長男克基さんを1982年に出産
長女仁美さんを1984年に出産したが
1998年に離婚

 

一昨年の長男克基産の結婚を機に
自分も再婚

 

しかし、去年の10月に克基さんが離婚

 

それを追いかけるように亜季子さんも今年の2月に協議離婚した

 

今日は仁科亜季子さんの長女仁科仁美さんが緊急参戦

 

母の二度目の離婚に物申す

 

 

 

サミットは続きから

子どもにとってもひとごとではない親の離婚
状況によっては親の離婚は有りか?のアンケートを500人に実施

 

アリ44%
ナシ56%

 

の結果に

 

父親は明石家さんまさん、母親は大竹しのぶさん
IMALU(23)
親の離婚についてどう思う?
「子供はよく分かんないです」

 

スタジオ(笑)

 

母親は仁科亜季子さん、兄仁科克基さん
仁科仁美(28)
親の離婚についてどう思う?
「バツ3だけはないようにしてください」

 

スタジオ(笑)

 

父親は布川敏和さん、母親はつちやかおりさん
布川隼汰(20)
親の離婚についてどう思う?
「ナシでしょう」

 

 

最高の離婚をするべき、シングルマザー
千秋(41)

 

意地でも離婚はしません、結婚4年目
西川史子(41)

 

サミット初参戦まだ独身だけど、離婚はつらいよ
サバンナ高橋茂雄 (37)

 

IMALU(イマル)・仁科仁美・布川隼汰が語る親の離婚

 

 

設楽「仁科さんこういう事って相談されるんですか?」

 

仁科「恋の話とかはいっぱいしますね」

 

西川「いやじゃないの?」

 

仁科「私は慣れましたね
   友達みたいな感覚」

 

千秋「何歳ぐらいから?」

 

仁科「離婚してしばらくはお母さんも必死だったので
   落ち着いて、私も二十歳になったぐらいからですかね」

 

設楽「お兄さんともするんですか?」

 

仁科「します」

 

高橋「今回も相談されてたんですか?」

 

仁科「いや、今回はもうすると思うって」

 

設楽「衝撃でしたか?」

 

仁科「もう、いい加減にしなさいって
   私は二人とも結婚するときに言ったんですよ
   やめなさいって」

 

スタジオ(笑)

 

山崎アナ「離婚自体についてはどう考えられてますか?」

 

仁科「離婚自体は有りだと思います
   1回も2回も」

 

西川「イマルちゃんも?」

 

イマル「子供目線で言うと親が幸せなのが一番いいので
    親が不幸のママ結婚しているのが一番子供に良くないと思う」

 

西川「不幸だったの?」

 

イマル「2歳だったので記憶がないですね」

 

設楽「布川さんはしてないですけど」

 

布川「子供に何らかの影響は出るとは思いますね
   だから、僕的にはあまり良くないですね、離婚は最終手段」

 

西川「寂しくなかった」

 

イマル「うちの親は仲良かったので
    父親とも映画行ったりディズニーランド行ったり、ご飯食べに行ったり
    母親も一緒にご飯食べに行ったりとちょくちょく会っていたので
    まったく会っていなかったら寂しいかもしれないですね」

 

高橋「テレビつけたら、会う以上に見れますからね(笑)」

 

千秋「両親が芸能人の子供ってどういう心理なの?」

 

イマル「生まれた時からテレビに出ているから違和感がない」

 

仁科「それが普通
   でも、周りがチケットを取ってきてとか
   サイン貰ってきてとか言ってくるから
   なんでそんなこと言われないといけないのかなって思ってた」

 

布川「うちもそうですね
   しかも、うちのもっとうが芸能人っぽくしないってことなんで
   意外と普通のスタンスでいると普通に接してくれる」

 

高橋「弄られたりはしないですか?」

 

布川「寿司くいね歌えとかね、それぐらいは」

 

スタジオ(笑)

 

IMALUが語る親の離婚条件

離婚するなら物心つかないうちにして

 

イマル「自分がそうだったので、
    中学生とかデリケートな時期に離婚をされるとやっぱり傷ついてしまうし」

 

山崎アナ「そう考えると離婚するタイミングって難しいですね

 

 

仁科仁美さんが語る親の離婚

母の一度目の離婚は私が止められたかもしれないと後悔しています

 

仁科「私も中学生だったので反発して好きにすればって言ってしまって
   今考えればどっちが幸せかはわからないですけど、
   別れた後、寂しくなった時に止めていたらどうなのかな?って思いましたね」

 

設楽「でも、親の離婚は止められるのでしょうかね?」

 

高橋「小学校4年生の時うちの親がめっちゃ喧嘩して
   離婚するってワードが出てきて
   そのうち、子供にどっちを選ぶか聞いてきたんです
   そしたら、兄貴が迷わず「お母さん」って答えたんです
   その時、どうしたらいいのか悩んで
   今は泣くべきだと思い
   泣きながら「どっちとも一緒に居たい」って言ったらおさまりましたよね」

 

仁科「でも、子供に話した段階で気持ちはかなり決まっていると思います」

 

 

IMALUが語る結婚観

私は子供のいない結婚生活を送りたい

 

イマル「仕事が大好きだし、まだ23で子供を産むことも考えられないし
    親も仕事大好き人間だし
    それを見ていると自分が専業主婦になるのは見えない

 

    でも、
    そんな中で30代後半とか40代で結婚する夫婦に憧れていて
    一生懸命働く中で残り半世紀を一緒に暮らすパートナー見つけるっていうのに憧れて
    子供を作るよりも、好きな人とずっと一緒にいる方がいい」

 

設楽「子供は欲しいけど結婚したくないっていう意見は聞きますけどね」

 

布川「自分が仕事をすることで、子供が寂しい思いをするって感覚があると思いますね」

 

イマル「そう、
    やるなら両方しっかりやりたいから
    今はそれができる自信がないし」

 

西川「しっかりしてんね」

 

スポンサードリンク

ノンストップ!感想