ノンストップサミットご近所トラブル大捜査線2、事件は近所で起きている!



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ご近所トラブル大捜査線2、事件は近所で起きている!

前回放送で1700通のFAX、メールが。

 

街の声

 

「ほうきでゴミが、うちの敷地に」
「子供の足音がうるさいから公園に行けって言われた」
「犬の鳴き声」
「たばこの煙が部屋に来るのでベランダで吸わずに部屋で吸ってほしい」

 

 

ゲスト
千秋
藤本敏史
柴田理恵

 

ノンストップサミット開幕

 

せきららボイス募集「ご近所トラブル体験談」

 

詳細は続きから

FAX
隣の夫婦の話声が大きく会話の内容が全部聞こえてしまう
奥さんのくしゃみが大きく、うちの子供が起きてしまう

 

設楽「怒ってますね」

 

柴田「うちはこっちだな、私の声が大きいし
   窓開けて夫婦げんかしてるもん」

 

 

ご近所トラブルの原因

 

騒音、干渉、ゴミだし、異臭・悪臭、子供、おすそわけ
車・自転車、ペット

 

 

設楽「生活のすべてが原因になりますからね」

 

 

ゴミ出しトラブル

 

「毎週火曜なのに、月曜の夜には山になってる」
「曜日じゃない日に出すとカラスなどがつつく」
「ゴミを3日前くらいに10個くらいだす、分別もされていない」

 

主婦(35歳)
ゴミを分別しない家が多く真夏は臭い・ハエ・ゴキブリ
通りがかりの人までごみを捨てていき本当に迷惑

 

柴田「私は細かくやってます、近所で出すとこがあって
   かわいそうなのは、ゴミ収集場の前の家の人で
   私なんかたまに掃除したり、みんなで使うものだからね」

 

 

千秋「でっかいテレビが置いてあって、一週間くらい置いてあって
   どうなったんだろう?って」

 

設楽「藤本さんはそういうのやってないでしょ」

 

藤本「大阪はまだ黒い袋だったから
   東京来てこんなに細かくやるんだって」

 

千秋「固いプラスチック、やらかいプラスチックとか」

 

柴田「そんなのもあるの?」

 

藤本「化粧水のビンを洗って出すとか」

 

山崎アナ「私の地元、焼却炉の性能がよかったので全部まとめて出してよかったんですよ」

 

設楽「東京でも燃やせるものとか変わりましたよね」

 

西山アナ「自治体によって違いますよね」

 

 

 

 

設楽「ゴミトラブルあります?」

 

千秋「ないけど、テレビでゴミ屋敷とか見たら」

 

柴田「ね〜」

 

設楽「知り合いが、自分はちゃんとごみを捨てたのに
   酔っ払いがそのゴミをひとんちに投げ入れちゃって」

 

柴田「えー!!」

 

設楽「で中調べられたら、なんか住所の書いてあるものが入ってて
   文句言われて、ちゃんと捨てたんですけどってことがあったみたい」

 

千秋「やだね」

 

設楽「でもたぶん、それはちゃんとした時間に入れてないから、そういうトラブルが起きたんじゃないかなって」

 

柴田「夜は捨てちゃいけないんですよ」

 

 

 

異臭・悪臭トラブル

 

ことり(39歳)
マンションのお隣さんは禁止なのに煙草をベランダで吸う
換気扇や窓を通して煙が入ってきてとても不快

 

千秋「ちょーわかる」

 

 

会社員(41歳)
我が家から「異臭がする」とドアをたたく人がいた
炊いていたお香を悪臭に感じたらしい

 

 

 

主婦(40歳)
ベランダで魚を焼くお隣さん
煙が入ってきて窓も開けられない

 

 

柴田「お庭で魚焼いたりします」

 

西山アナ「お庭とベランダでも違うんじゃないですか?」

 

千秋「前住んでたところの下の人が決まった時間にたばこを吸うから
   それが全部部屋に入ってきて、
   でもその人も外でしかすえないのかなと思うとあんまり言えない」

 

設楽「中には奥さんに家中でやめてって言われて外で吸ってるからいいかなと思ってたら
   今度はそういう、たばこどこで吸ったらいいのかね」

 

柴田「言いに行っちゃだめなのかね」

 

設楽「そこにどんな人が住んでるかわからないから、そこからトラブルになったり」

 

柴田「でも匂いって出してる方は分からないから
   お香の匂いも、自分はいい匂いだと思ってるから
   言われて、そうだったんだってやめるしかないよね」

 

設楽「カレーだったら、カレーなのか〜で済むけど、魚だと、煙があるから違うのかな」

 

 

おすそ分けトラブル

 

主婦(41歳)
近所の人はおすそ分けを配るが
「はい、○円ね」とお金を取る
まさに強制割り勘おばさま

 

 

柴田「割り勘じゃないじゃん!」

 

 

無職(32歳)
近所の娘さんがお菓子を作るたびにもって来るがおいしくない
お返しをしないと文句

 

柴田「お返しを要求した時点でおすそわけじゃないし
   どんなまずいものでも気持ちだけ頂いて、捨てちゃえばいいんですから
   そうですよ、合わないんだから
   冷蔵庫しばらく入れといて悪くなっちゃったって捨てれば」

 

(笑)

 

藤本「大阪一人暮らしの時下のおばちゃんが、煮物とか
   ネコをいっぱい拾っちゃうおばちゃんで
   毛がいっぱい入ってて」

 

設楽「わざと入れられてるんじゃ」

 

藤本「どんだけ嫌われてんねん、それがいややったな」

 

 

千秋「あんまり知らない人が作ったもの食べられないから」

 

柴田「手作りってどうなのかな、よっぽど親しくないと気を使うよね」

 

 

設楽「近所を円滑にするためにやってくれてるのかもしれないけど
   でも全然交流ないのにそういうのあると
   昔一人暮らしの時に合ったんですけど
   夜中に、こんこんって来て、おじさんが寿司を持ってきたんです
   怖くてそん時、全然交流なかったから、でもありがとうございますって言って」

 

千秋「食べた?」

 

設楽「食べたと思いますそん時、ちゃんとしたお土産だったんで」

 

藤本「おじさんがこっちの(おねえ)」

 

設楽「だったら申し訳ないことしました」

 

(笑)

 

 

 

ご近所トラブル:子供

 

主婦(43歳)
遊びに来て片付けない子供が多い
最低限のしつけはしてほしい

 

設楽「よその子が騒いでたりどうしますか?」

 

柴田「私は電車の中でも叱りますよ、ここは走るところじゃないの!って
   でも若いお母さんは「あのおばちゃん怖いからあっち行きましょって」
   でもそういうのは親が悪いのよ」

 

千秋「うちも玄関でこんにちわって言わない人は入るなって
   こんにちわって言ってから入れって
   ばたばたしたら、下に響くからダメ。でも一軒家の人はその感覚わかんないから
   ちゃんと教えて、次騒いだらほんとにぶっ飛ばすからなって」

 

設楽(笑)「二人ともきびしいね」

 

藤本「甥っ子が、ゴリラって言ってきて、でもテレビで言われてんじゃんフジモン
   って。なんて言っていいのかわからなくて、あれは愛のあるいじりかたなのよ。って」

 

設楽「スタイルにしたらどうですか?ダブルゴリラスタイルっていう」

 

藤本「やめてください」

 

(笑)

 

設楽「近所の話聞くと、けがさせるさせないとか、いいづらい」

 

千秋「早い段階で、こわいおばちゃんになったらいいの
   あの先生いるからやめよ!みたいな」

 

藤本「来てくれなくなったりはしないの?」

 

千秋「来てくれはするんだけど、クラスで一番こわいおばちゃんって」

 

柴田「それいいかもしれないよ」

 

 

FAX、ペンネーム設楽さん(32歳)

 

設楽「俺か?」

 

(笑)

 

マンションの下の階の夫婦げんかがすごい
数回パトカーが来る始末、安眠させてほしいです

 

 

設楽「警察が来ちゃうって相当
   でも、自分で言えない場合、対策として警察に言うって言うのはありますよね」

 

柴田「仲良くなっちゃうのが一番なのよ
   やな人だなって思っても、仲よくしてるうちに心は解けていくから」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想