ノンストップマガジン、with(ウィズ)、edu(エデュー)



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

ノンストップマガジン、with(ウィズ)、edu(エデュー)


マガジンハンタージョナサンシガーが
紹介する今日のピックアップマガジンは

 

ママのための子育てマガジン
edu(エデュー)7・8月合併号

 

子供に対するあなたの言動間違っていませんか?
子供の成長の芽を摘んでないですか?

 

詳細は続きから

 

 

 

 

おはようございます
マガジンハンターのジョナサンシガーが
来る〜〜〜〜〜(山崎のまね)

 

山崎「ちょっとジョナサンさん」

 

ジョナサン「本日もよろしくお願いします」

 

設楽「なんかテンションが高いんじゃないの?
   山崎がいるから?」

 

ジョナサン「ハイ、テンション高いです。
      というわけで本日発売される〜〜〜〜(山崎のまね)
      雑誌で〜す」

 

山崎「それもいく〜〜〜〜
   それやる〜〜〜〜」

 

ジョナサン「経済誌がザラッとサラッと並んでいますね」

 

設楽「ザラッとじゃない、サラッともおかしい」

 

ジョナサン「下の段はファッション誌です
      グロウ、バンサンカンからのこちら見てください
      with(ウィズ)

 

山崎「景子、北川さんじゃないですかこれ?」

 

ジョナサン「こちらを見てください
      ザキヤマさんの女装が載っておりま〜す」

 

山崎「いや、バービーちゃんバービーちゃん
   ジョナサンさんそれバービーちゃんだから
   俺ジョントラボルタみたいになってる」

 

ジョナサン「あっこちらバービーさんでしたか」

 

山崎「ジョントラボルタが女装したみたいになってる」

 

設楽「似ているあのTシャツとパンツのやつ遠目で見たら」

 

山崎「今や他人とは思えないんですよね
   妹が載っているって思っちゃう」

 

ジョナサン「バービーさんの着やせ魔法が載っております」

 

山崎「バービーちゃんそういうのやってるんだぁ〜」

 

 

今日のピックアップマガジンはこちら

 

ママの笑顔が子供をのばす
気持ちが楽になる子育てマガジン
edu(エデュー)7・8月合併号

ジョナサン「エデュ〜〜〜〜〜〜(山崎のマネ)最新号です

 

山崎「ちょっと〜」

 

設楽「エデュ〜〜って」

 

どうゆう雑誌かというと
子育てに日々奮闘するママのための一冊です
子育てにおける様々な悩みや迷いを一人で抱えず
専門家からのアドバイスなどを通して気持ちが楽になっていただきたいと
願いを込めた子育てサポートマガジンです

 

 

突然ですが問題です

 

Q子供が宿題もせずにテレビを見続けています
そろそろ勉強してほしいあなたはどうする?

 

A.「宿題やりなさい」と一喝する
B.「そろそろ取りかからないと間に合わないよ」という
C.自分から始めるまで放っておく

 

この場合どうゆう言動が正しいのか?みなさん一斉にお答えください

 

設楽「正しいのをいうわけ、自分のやっているやつじゃなくて」

 

ジョナサン「はい正しいので」

 

山崎「ない場合はどうしたらいいですか?」

 

設楽「いや、どれかにしてください」

 

ジョナサン「ない場合は後でお願いします、ではどうぞ」

 

設楽、山崎 B
大野、千秋 C

 

ジョナサン「千秋さんはどうしてCを選ばれたんですか?」

 

千秋「正しいやつですよね?
   自分はAみたいに言っちゃうかもしれないけど
   これが正しいのかなって思う」

 

ジョナサン「なるほど、同じくお子さんがいらっしゃる設楽さんはBですか」

 

設楽「Cもおもったんですけど、
   子どもって本当にやらないかもしれないなと思って
   ちょっと促すっていうかね
   やった方がいいんじゃないのっていう」

 

ジョナサン「助言してあげるってことですね」

 

このテストはですね、
子供の考える力を奪っていないかチェックする問題なんですが
心理カウンセラーさん曰く
正解はCが理想なんだそうです

 

これは
寝る前ギリギリになったり
宿題をわすれて怒られるなどの体験をして
次はどうすればいいのかを考えられるようになるからです

 

千秋「じゃ〜一回は怒んないといけないんだ」

 

大野「人間って一度マイナスになると必ず覚えますからね」

 

ちなみにAはですね
言われたらやるという受け身の構えになりやすく
自分で考えて実行する力が育ちにくくなるのでAは要注意

 

山崎「一番ダメなんですね」

 

設楽「言っちゃうでしょこれ」

 

千秋「でも一回は怒らないとね」

 

一見正解に見えるBは
警告にとどまる言い方で
自分で考えさせる手伝いが足りないということです

 

 

これは
知らず知らずに奪っていませんか?
子供の成長の芽という特集に掲載されていたものです

 

我が子のためにと思い何気なくとった言動が
実は子供の成長の芽を摘んでしまっているという
チェックテストとして載っているモノなんです

 

ジョナサン「皆さん参考になったと思いますがどうですか?」

 

・・・・・・沈黙

 

設楽「ごめん今聞いてなかった、
   山崎が喋るから聞いてなかった」

 

スタジオ(笑)

 

ジョナサン「山崎さんがうるさかったですか」

 

山崎「スイマセン、もう一回言ってもらってもいいですか?」

 

ジョナサン「あぁ〜もう次に進みます」

 

山崎「あっそうですかスミマセン」

 

他にもチャレンジする力や会話力、人から愛される力を奪っていないかチェックするテストなどが
沢山あるのでチェックしてみてください

 

ジョナサン「最後のザキヤマさん風に閉めたいと思います」

 

山崎「なんですか?」

 

ジョナサン「明日も気になる雑誌を持ってくる〜〜〜(山崎のマネ)」

 

山崎「でた、からの?」

 

スタジオ「からの?」

 

ジョナサン「からの・・・・
      えっ・・・・からの・・・
      設楽さんの娘さんと結婚する〜〜〜〜〜(山崎のマネ)」

 

設楽「駄目だよ」

 

山崎「だけど、だけど」

 

ジョナサン「だけど・・・・
      だけど・・・・・
      設楽さんに拒否られる〜〜〜〜(山崎のマネ)」

 

山崎「つまり、つまり」

 

スタジオ(笑)

 

ジョナサン「つまり、つまり・・・・
      えっ・・・」

 

カウントダウン開始

 

ジョナサン「つまり、えっと ノンストップマガジンでした〜〜〜〜」

 

スタジオ(笑)

 

山崎「終わっちゃった」

 

ノンストップ

スポンサードリンク

ノンストップ!感想