はじめてエージェント 過酷!?お得!?2000円で宝探し、マツタケ狩りを初体験|フジテレビノンストップ!



ノンストップ!放送内容の検索はこちらからどうぞ
ノンストップマニアックストップページ ノンストップ!感想参加はツイッターなどで。詳しくはこちら(せきららボイス延長戦に参加しよう

過酷!?お得!?2000円で宝探し、マツタケ狩りを初体験

 

食欲の秋 何と言っても食べたいのがマツタケ

 

と言うことで

Today’s Mission

松茸狩り

 

高級国産マツタケが山ほど採れる・・・・かも?

 

 

今回のエージェントは

 

「おっはようございま〜す
 小玉ゆうい IN 山形でーす」

 

2回目の登場 モデル 小玉ゆうい(21)

 

 

詳細は続きから

今回来たのは山形県のマツタケの産地、高畠町

 

 

小玉「山形に来たんですけど今日はファッション関係のお仕事ですか?」

 

スタッフ「今日は松茸狩りをします」

 

小玉「マツタケ・・・・マツタケってなんですか?」

 

小玉ゆうい(21)マツタケを知らず・・・・

 

ミッションスタート

 

今回は初めてなので特別に案内人として
高畠町 産業経済課 青木さんが同行

 

午前10時30分 高畠駅前を出発

 

小玉「私今日何本取れますかね?」

 

青木「1本・・・」

 

小玉「少なくないですか?」

 

調査報告

山に詳しい青木さんなど慣れた人でも採れない日がある

 

駅から車で走ること20分

 

マツタケの神様を祀っている所に到着

 

青木「変なものに見えますがマツタケの神様です」

 

設楽「変な物って言わなきゃいいのに」

 

そして

 

午前11時 目的地 稲子まつたけ山に到着

 

稲子松茸山管理塔で入山券を購入

 

稲子マツタケ山

中学生以上1人 2000円
(摂り放題・持ち帰り可)
午前5時〜午後3時まで
今月一杯まで開山予定

 

 

マツタケ狩りに生足、ハイヒールは無謀なので
動きやすい靴・長袖・長ズボン・帽子・手袋の基本装備をして
青木さんから「はけご」と呼ばれる腰かごを借りて準備万端

 

 

11時10分
山から帰ってきた年配のお客さんは3本のマツタケをゲットしていた

 

11時20分 山小屋を出発

 

マツタケの探し方

 

・赤松の下にマツタケはあるので赤松を探す

 

・南側を向いている斜面で草とか雑木とかがないきれいな斜面に生える

 

 

林道を進むこと300m

 

午前11時30分 入山

 

登り始めて30分かなりの急斜面に
アドベンチャー気分も味わえてしまう

 

急斜面を上ること1時間30分

 

午後1時 目的地に到着

 

マツタケの探し方

 

・マツタケは落ち葉の下に隠れているので
 下から覗き込んで、盛り上がっている場所を手の感触で探す

 

・マツタケは大体同じ場所に生えるので場所を覚えておけば来年も取れる可能性がある

 

2時間かけて、2本のマツタケをゲット

 

その後、小玉ちゃんはビギナーズラックでさらにマツタケを見つけ

 

3時間で9本のマツタケをゲット

 

午後2時 暗くなる前に下山開始

 

山小屋に付いたら収穫量を報告

 

 

今回は特別に青木さんに七輪を用意してもらったので
青木さんおすすめのマツタケの蒸し焼きを作ってもらうことに

 

洗って、切込みを入れたマツタケに
料理酒・しょうゆを入れるだけのシンプル料理

 

待つこと15分で完成

 

 

スタジオで
小玉流松茸狩りの極意を紹介

 

・出来るだけ朝早く

 

・天然の赤松を探せ
 植樹の赤松はまっすぐなものが多いので曲がっているものを探せ

 

小玉「マツタケ」

スポンサードリンク

ノンストップ!感想